年末年始のパーティ後のドレスはおトクにおうちでクリーニング!

1

読了目安[ 3 分 ]

年末年始は、なにかとイベントの多い時期です。ばっちりおしゃれしてお出かけする方も多いのでは。でも、おしゃれをした後の大切なお洋服、どうやってケアしていますか?

デリケートな素材でできたおしゃれ着は、ドライクリーニングが基本になります。でも、シルク素材ややファー、ビジューのついたおしゃれ着は、追加料金を請求されることもあって、1着でもけっこうばかにならない金額になりますよね。今回は、おしゃれ着のクリーニングのコツをお伝えします。

1.おしゃれ着をすべてクリーニングに出しているのは1割
インターワイヤードが今年3月に実施したおしゃれ着洗いに関するアンケートによると、モニター5,389名にニットやデリケート素材の“おしゃれ着”をどのようにお手入れしているか尋ねたところ、「全てクリーニングに出している」人は9.4%と約1割しかおらず、「家での洗濯とクリーニングの組み合わせ」38.2%という人が最も多かったそうです。
クリーニングに出さない理由を自由回答で尋ねたところ、多く挙げられたのは「クリーニング代がかかる」「お金がもったいない」「クリーニング代が高い」など、費用に関するものが大多数でした。なかには、「ボロボロにされた事が何度もあった」と回答した人も。

2.衣類トラブルを防止するためのホームクリーニングのコツ
衣類トラブルを防止するためには、洗濯のプロであるクリーニング店に依頼するのがベターです。でも、やむおえず自宅で洗濯する場合は、おしゃれ着洗い洗剤を使って、ていねいに洗濯します。
洗濯機には、水→洗剤→衣類、の順番で入れます。洗剤が水によく溶けたあとで、衣類を入れます。ネットに入れたおしゃれ着は、最後に入れます。
洗いの時間は超短時間が原則。品によっては、1~2分でやめておいたほうが良い場合も。脱水も機械まかせではなく超短時間で済ませます。お風呂の残り湯を洗濯に使っている人も、おしゃれ着は水洗いします。
とくにデリケートな衣類は、つけおき洗い→手絞りがおすすめです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。