あなたは大丈夫?信用取引の“借金を抱える”リスクとは

1

読了目安[ 3 分 ]

株式投資には信用取引という制度があります。

信用取引とはいわば株の借金のようなもので、一時的に株を借り、数日後、借りた分だけの株を企業に、返済するという制度です。その信用取引という制度を使うことによって、株価が下がりそうな株を空売りし、利益を上げることも可能ですし、株主優待のタダ取りで有名なクロス取引にも信用取引を利用します。

使い方さえ間違えなければ信用取引は、あなたの投資の幅を広げる有効な手段になりえます。しかし、株式投資始めたての人にはこの信用取引はあなたの投資生活に大きな損をもたらす恐れがあります。今回は信用取引において注意すべき点をお話ししていきます。

信用取引において初心者の方が最も勘違いしやすいポイントというのは、信用取引を利用した株式の売買は、現物取引よりも圧倒的に利益が出にくいということです。
というのも、まず信用取引には株を企業から借りているので金利が発生します。金利は売買手数料に加えて払う必要があり、借りている期間や借りる証券会社によって異なります。しかし、少なからず金利が発生するということは、それだけ現物取引に比べると儲けにくいということになります。

しかも一般的に信用取引を利用する人は自分が持っている資産以上に信用取引を行うために、レバレッジをかけて自分の資産以上に信用取引を行う人が多いのです。当然レバレッジをかければ、それだけリスクも大きくなる上に、単純に毎日かかる金利も大きくなるのです。
そして信用取引における最大のリスクとも言えるのが追証です。そもそも信用取引では自分を信用してもらい、株を借りるわけですが、株を借りるためには、株か現金での担保が必要になります。
追証について簡単に説明すると、自分が信用取引で買った、あるいは空売りしている株が一定の損を出してしまった場合、追加で担保(現金)を預け入れる必要があるのです。この追証が払えれば問題ないのですが、追証が高額である場合、信用取引株が強制的に売却され、含み損が実際の損へと確定してしまうのです。
信用取引でレバレッジをかけていて、損が巨大なものになっていた場合、自分の資産以上の金額を請求されることもあるのです。信用取引は便利な側面もありますが、利用するときは計画的に利用しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。