海外旅行で外貨預金がそのまま使えるサービス

2

読了目安[ 3 分 ]

せっかく外貨預金を始めるなら、貯めた外貨をそのまま海外旅行で使えたら便利だなって思いませんか?今回は、円安のときを見計らって外貨を買って、使うまで利息をもらうことも、定期的に積み立てながら必要な分だけ使うこともできる外貨預金をご紹介します。

海外旅行には、キャッシュ(空港や現地で両替)とクレジットカードを持っていくという人が多くなりました。お水を買ったりチップを払ったりするのに現金は必要ですし、どこでも使えるクレジットカードは便利ですよね。でも、キャッシュもクレジットカードも両替や決済の時点での為替レートが適用されるので、そのときになってみないと円換算でいくらになるのか分からないという不安な面が。為替レートはいつも動いているので、タイミングが悪ければ、旅行中に円安が進んでしまうこともあります。

為替レートの動きを心配しなくて済む
あらかじめ持っている外貨預金をそのまま使うことができるのは、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET」や新生銀行の「GAICA」など。現地ATMを使って自分の口座から外貨キャッシュを引き出したり、ショップやホテル、レストランなどでの外貨決済に利用できるデビットカードやプリペイドカードです。デビットカードとは、口座の残高を上限に、クレジットカードのように現金なしで決済ができるカードのこと。クレジットカードは「後払い」なのに対し、デビットカードは口座からの「即時払い」なのが特徴です。ちなみにプリペイドカードは「先払い」です。

こうしたサービスを利用すると、円高のときを見計らって外貨預金をしたり、コツコツ外貨の積み立てをしたりしておくことで、旅行中に円安が進んでも心配する必要がありません。クレジットカードと比べた場合のデメリットは、海外利用時にポイントが付与されないことなど。すでにクレジットカードを持っている人は少なくないでしょうから、旅行には両方を持参し、円高ならクレジットカード、円安なら外貨決済可能なデビット(プリペイド)カードといった使い分けもおすすめです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。