年会費がかかっているかも?年会費無料のクレジットカードをチェックしてみよう

1

読了目安[ 3 分 ]

クレジットカードの年会費とは、そのカードを1年使うかわりに、カード発行業者に対して払う手数料のようなもの。

カードの種類によって年会費もさまざまで、初年度年会費無料というものから、永年無料(年会費が一切かからない)もの、年数万円以上の年会費を必要とするカードまであります。
一般的に、年会費の高いカードの方が付帯する海外旅行保険のカバー範囲が広かったり、空港でのラウンジサービスなどが使えたりと、ステータスの高いカードになっています。
でも、節約派としては無駄な出費はできるだけ切り詰めていきたいもの。年会費がかかる無駄なカードはやめてしまって、スリム化しましょう。
1. 年会費無料でコスパ最強なら楽天カード
年会費無料で高還元率なクレジットカードの代表格といえば、楽天カードです。
通常還元率は1.0%なので今どきはあまり高還元率とはいえませんが、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で還元率は1.5~2.0%以上になります。さらに、ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」にランクアップすれば、年間1万円という格安の年会費で、空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」がゲットできます。プライオリティ・パスは通常3万円以上するので、コスパ最強です。
楽天ユーザーでなくてもおすすめの1枚です。
2.ポイント交換がめんどくさい……という方におすすめのP-one Wizカード
せっかくクレジットカードの貯めたポイントを交換の手間が面倒だったり、交換をしないでいるうちに有効期間が超えてしまって、ポイントを失効してしまった経験はありませんか。
その点、P-one Wiz(ポケットカード)なら、お買い物でのご利用時に自動的に請求額が1%オフされますので、ポイント交換の手間がありません。さらに0.5%の還元率でTポイントも貯まるので、合計で1.5%の還元率になります。
入会後6カ月間は、入会特典でポイントが3倍になるので、あわせて還元率は2.5%になります。また、Yahoo!ジャパン経由のお買い物ならオトクさが倍増で還元率は最大5%にまでアップします。これで年会費無料なのですから、見逃す手はありませんね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。