冬休みに備えてオンデマンドTVに加入!キャンペーンの無料期間を活用 しよう

1

読了目安[ 3 分 ]

寒ーい木枯らしの季節は、おうちでぬくぬくと楽しめるアクティビティがいいですよね。また、年末年始に長いお休みをとるという方も多いでしょう。

自宅で手軽に楽しめることといえば、映画や海外ドラマなどの鑑賞です。とくに、長いシリーズものの海外ドラマは、一度手を出すと気になってしまいそうで、お休み期間にまとめて見ようという方も多いのでは。
今回は、冬休みにむけて、オンデマンドTVをお得に楽しむ方法を紹介します。

1. アメリカでは、動画配信サービス全体でYouTubeに次ぐ2位のHulu

Huluは月額933円(税抜き)。2週間の無料トライアルがあるので、気になる方はまず無料トライアルで試してみましょう。
Huluは、アメリカでは、動画配信サービス全体でYouTubeに次ぐ2位になっているほどの人気サービスです。日本ではフジテレビの傘下に入っていますが、系列の番組やドラマだけでなく、他局の番組やアニメなども豊富に展開しているのが特徴です。日本でも2015年3月に登録者が100万人を超えており、年々認知度が高まっています。

2. 16日間の無料トライアルがあるU-NEXT

U-NEXTは、2009年まで「GyaO」のブランド名称で運営されていた動画配信サービスです。内外の映画配給会社、テレビ局と契約しており、「月額1,990円(税別)」の見放題動画のほかに、最新作など「プレミアム作品」と呼ばれる都度課金される作品もあります。16日間の無料トライアルがあるのが大きな魅力です。

3. 名作ドラマや良質なドキュメンタリーならNHKオンデマンド

NHKオンデマンドは月額900円で、NHKの番組をもう一度オンデマンドで好きなだけ見られるのが「見逃し見放題パック」と約4000本以上の特選番組に指定されたコンテンツが全て見放題になる「特選見放題パック」があります。無料トライアルはありませんが、見たい番組があれば単品で購入(1本200円)できるので、単品から試してもいいでしょう。
人気の高い連続テレビ小説や大河ドラマ、「映像の世紀」のような良質なドキュメンタリーなど、「あの番組よかった!」「あのドラマがもう一度見たい!」という要望に応えてくれるはずです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。