通勤の満員電車でも安心!新聞が無料で見れるアプリ

1

読了目安[ 4 分 ]

みなさん、新聞は読んでいますか?新聞・雑誌の実売部数を調査する第三者機関である日本ABC協会発行の「新聞発行社レポート半期」によれば、主要全国紙の購読部数は年々減少傾向にあります。

それぞれ2014年後期比で読売新聞1.51%減・朝日新聞4.27%減・毎日新聞0.61減
・日本経済新聞0.51%減、産経新聞0.04%減という結果です。どうやら新聞の発行部数は年々減少傾向のようです。しかし、新聞というメディアは、全体から見るとやはり中立性の高い正確な情報を伝えてくれる有用なメディアです。今回は、そんな新聞をお得に、しかも簡単に読めてしまう方法をご紹介します。

なぜなら、いまだ多くの人々が購読している新聞というメディア。好むと好まざるとにかかわらず日常生活において話題に上がることもしばしば…。
読んでない?そこで試合終了です。
そんな新聞を無料でお得、しかも簡単に読んでしまう方法のご紹介です!

1. 満員電車でも安心、朝刊はスマホでチェック!しかも無料!
新聞といえば毎朝配達してもらう朝刊のイメージが強いのではないでしょうか。
しかし、今やスマホで、しかも無料で読むことができます。主要全国紙のひと
つである産経新聞は2008年から各紙に先駆け紙面そのままの内容をスマートフ
ォン用アプリで無料提供しています。他社は有料ですが、未だに無料サービス
を提供しているのは産経新聞だけです。
スマートフォンなら毎朝の満員電車でも安心、カバンの中もすっきり。地下鉄など電波のない状況の方も、いったんダウンロードすれば電波のない場所でも読めますので安心です。
ちなみに、2015年5月には、ニューヨークタイムズのアプリも無料化したので、ニュースを読みながら英語の勉強をしたい方にはこちらもお得なのでおすすめです。
例えば、産経新聞のアプリで世界のニュースを日本語で読んだ後に、ニューヨークタイムズのアプリで同内容の英語記事を読むなどすれば、効率的に情報収集と英語の勉強ができます。

2. 時間のない方も安心、ニュースはスマホで拾い読み
朝はやることがいっぱい、毎朝ゆっくり新聞を読むなんて、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。短時間で新聞に掲載されているようなニュースが見たい、そんなニーズにこたえるのがニュースアプリです。有名なところでは
、Antenna、グノシー、スマートニュース、LINEニュース、Yahoo!ニュースなど
が挙げられるでしょう。実はこういったアプリの多くは広告収入で運営されて
いるため、新聞各社のニュースを読むことも可能なのです。
カテゴリ別や人気順など知りたい情報を選びやすく、様々なニュースを手軽に知ることができるのでその日の話題にも事欠きません。もちろん、広告が目立ったりアプリによっては怪しい情報もあったりもしますが、ご自分に合ったアプリを探してみて、短い時間でよりお得に情報収集しましょう。

以上、毎日の通勤通学のお供にスマートフォンは欠かせない存在かと思いますが、スマホでお得に新聞を読んで、新聞講読料をお得に節約してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。