小粋な手土産で好感度アップ!年末年始のごあいさつ。

6

読了目安[ 3 分 ]

早いもので今年もあと1ヶ月ちょっととなりました。例年、年末の忙しさでバタバタしていると、あっという間に新年を迎えることになりますよね。

でも、仕事のお得意様やお世話になった人、友人への年末のあいさつ回りをしっかりして清々しい気持ちで新年を迎えたいものです。そこでなるべくお金を掛けず、ちょっと気の利いた粗品を添えて好感度アップを目指しましょう。

1. 種類豊富な絵柄の手ぬぐいで相手に合わせた贈り物

粗品を添えてと言っても、どういった物がいいのか悩む方も多いですよね。粗品なのでそんなに高価な物ではなくて良いのですが、会社などでよく使われる無地のタオルや社名の入ったタオルを使うのも、いまいちパッとしません。そこでおすすめなのが、日本伝統の織物、手ぬぐいです。タオルよりかさ張らず、柄も豊富で現在では定番の江戸小紋からキャラクターものまで、モダンでカワイイ絵柄もたくさん揃っています。これなら、相手の年齢層に合わせて差し上げる事が出来ます。前述の無地のタオルの行先は雑巾使用がいいところ…手ぬぐいは、ランチョンマットやテーブルランナー、壁に飾ってタペストリーにも使えるんです。しかも、価格も安くてネット通販では色んな柄が選べて10枚3240円が45%offの1780円で買えるところもあります。新年のお年賀としてもおすすめですので、多めに買っても無駄なく利用できますね。

2. 専門店ならではのサービスを利用

贈る際に気を付けたいのが、食品。年末は各家庭も頂き物で物が溢れますので、賞味期限が短い食品やお菓子、生鮮品はなるべく避けた方が無難でしょう。年越しそばに使う乾麺や、年末年始は訪問客や親戚で集う事も多いのでお茶やお茶菓子など、日持ちがして、相手が必要とする物を贈ると喜ばれます。また、歳末セールを行う専門店や贈答用に包装やのし紙を無料で付けてくれるお店がほとんどですので、是非活用しましょう。

3. 百貨店のネット通販を利用

ごあいさつの粗品では数百円~1000円程度が一般的ですが、今年特にお世話になった方には、やはり3000円~10000円程度の物を贈るのが良いでしょう。現在どこの百貨店でもお歳暮を取り扱っていますが、早期購入すると色んな特典があります。ネット販売で早期割引があり品数豊富なのは、西武・そごうです。5~15%割引になる商品が989品もあって、たとえば5400円する洋菓子のセットが4590円で販売しています。どうしても忙しくてごあいさつに伺えない時は、お家で注文できて配送もしてくれるこのようなサービスを利用して賢くお得に新年を迎えたいですね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。