〜日本郵政グループの上場2〜【第20回】高橋先生の教えて経済ニュース

読了目安[ 1 分 ]

〜日本郵政グループの上場2〜

郵政グループの上場がこれだけ人気を集めた理由としては知名度が大きいと考えられます。
また、配当利回りの高さも魅力だったのではないでしょうか。
11/4に売り出され、その日の取引も順調に推移しました。
初日の終値が売り出し価格よりも2割〜3割ほど高なっていたことからも順調なスタートである事が伺えます。

これまで株式投資の経験がなかった人も銀行の窓口等で進められて始めているパターンも多いようです。

今回売り出された株式数でいうと、全体の1割程度になりますので数年後にはまた売り出しが行われる予定です。

上場会社となったことで、これまでよりも収益をあげていくことが求められます。
そのため、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、傘下にある日本郵便が収益をあげていけるような事業を展開していくことができるかが今後のポイントとなってきます。

動画はこちら

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。