大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二十九回「ミーティング時、こんなことになってませんか?」

1

読了目安[ 3 分 ]

「ぶっちぎり社員育成塾」の第29話です。

会社にいると、ミーティング・会議ってあります。そのミーティングは、どうなってるでしょうか?活きた時間になってるでしょうか?

・数字の報告をするだけ
・報告したら怒られる
・資料をその為にたくさん作る
・会議に出るのが苦痛

そういうことはありませんか?あなたが部下の立場であれば、仕方ない部分があります。でも、ある程度出世して、上司になったのであれば、そういうミーティングをしていてはダメです。派閥があって、足を引っ張り合ってる会社の場合はわかりませんが、基本的には会社を良くしたいと、全員思ってるはずです。

その全員の力を発揮させるのがリーダーの役目です。

つまらない、数字を方向するだけの会議はマズイです。力を発揮させるどころか、力を削ぐ形になるからです。そんなミーティングならやらない方が良い。どうせやるなら、生きた時間になるようなミーティングにしましょう。

チェックポイント

・部下が積極的に発言してるか?
・新しいアイディアが出ているか?
・TOPの喋る時間が50%を超えてないか?
・アイディアを却下する風潮はないか?

この辺が大事です。それかひとつでもあるとマズイです。生きてない可能性が高いです。会社にいる人を活かすという考えがなく、トップダウンで、トップの言うことをひたすら守らせる組織にしたいなら、上記の項目があっても大丈夫です。

ただ、この世の中の状況を考えて、柔軟で強い組織にするには、それだとマズイと僕は思います。

そういう組織は

・受け身のスタッフだけになる
・窮地に弱い
・不慣れな仕事にチェレンジしない
・決まりに縛られて、動けなくなる
・部下のヤル気が下がって行く

とういうことになりやすいです。そうなると、当然業績にも表れて来ます。この、変化のスピードの早い世の中では、有機的な組織が有利になってくるとはずです。あなたが上司だったら、ミーティングの方法を考えてみてください。

まだ部下であれば、今のミーティングの良いところ・悪いことをチェックしておいて、自分が上司になる時には、良いところだらけのミーティングにしてください。

そうすれば、ぶっちぎりの組織になる可能性が高いです。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。