冬の健康維持に!お金がかからないウォーキングで景色を楽しみながら運動しよう!

3

読了目安[ 3 分 ]

冬場は外に出るのがおっくうになるかもしれませんが、夏と違って汗を大量にかくこともないので、ウォーキングには適している季節といえます。

わざわざ気負ってウォーキングの時間を作らなくても、通勤のときに一駅分手前から歩いたり、駅までの交通手段をバスや自転車から徒歩に変えるところから始めるだけでもよいでしょう。今回は、ウォーキングでお金をかけずに景色を楽しみながら運動するコツを紹介します。

1.「やりすぎ」は禁物!適度な運動から始めよう
適度な運動は、血液の循環をよくしてダイエットや美肌効果があるほか、気持ちの切り替えにもなるので、ストレスを軽減することにもつながります。ただ、こうした健康維持のための運動で大切なのは、「細く長く続けていくこと」です。そのため、いきなりたくさんがんばろうとするのではなく、少しずつでも自分の適量を見つけながら続けていくことが肝心です。上でも述べたように、通勤のときに一駅分手前から歩いたり、駅までの交通手段をバスや自転車から徒歩に変えるところから始めてみましょう。

2.冬のウォーキングは夏より痩せやすい!
都内の電車一駅分を歩くと、だいたい20分くらいの距離です。体重にもよりますが、消費カロリーはだいたい40~60カロリーほどになります。夏場は汗をたくさんかくので運動した気分になりますが、主に体温をさげているだけで、カロリーの消費は少なくなります。冬場は体温維持のためにエネルギーを消費するので、脂肪を燃焼するために適しており、夏よりも痩せやすいといわれています。

3.朝のウォーキングでより効果的に!
有酸素運動をすると、その後しばらくは身体が脂肪を燃やしやすくなります。そのため、朝に運動すると、一日中身体の代謝が高い状態を維持できるので、よりダイエット効果が見込めます。冬の朝は寒くて早起きがつらい、という人も多いかもしれませんが、ウォーキングをするにはいいこと尽くしの時間帯と言えます。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。