レバレッジの黄金倍率はこれだ!

読了目安[ 4 分 ]

通常時は2倍のレバレッジ

FXは、野球で言えば、怪我をせず毎試合に出場して、コツコツとヒットを積み重ねていけるかが重要です。
今回は、”怪我をしない”で、コツコツと勝ち続けられるための「レバレッジの黄金倍率」について言及していきたいと思います。

読者の皆さんも気づいていると思いますが、レバレッジは高ければリターンも高いですが、その分損する金額も大きいです。
レバレッジ25倍をかけた時には画面から離れられないのではないでしょうか。
このレバレッジ25倍で大怪我をした際は、復帰は難しいでしょう。

レバレッジ倍率はどうすれば良いのか

通常時は「2倍」が鉄則です。
大きな利益は期待できませんが、確実性が高まります。
そしてコツコツ売買を重ねて勝ちを積み上げていくのがポイント。
「2倍なんて大したことないでしょ」
なんて声が聞こえてきそうですが、そもそも証拠金の2倍分も取引ができるのです。
その時点でリスクを取っていることを認識しましょう。

相場が動き出すゴールデンタイムは3倍〜5倍

目が離せない、為替が大きく変動する「ゴールデンタイム」は利益を上げるチャンスなので、少し積極的に3〜5倍に上げてみましょう。
トレンド(相場の方向性)が明確に出ている時がチャンスです。
このトレンドを見つけるためには、最低限のテクニカル分析を学んでいく必要がありますので、今後一緒に学んでいきましょう。

淡々と勝ちを積み上げる仕組み作りが大事

淡々と勝ちを積み上げるためには、自分独自のルールを設定し、それを忠実に守っていくことが大事です。
”怪我をしない”ためには、例えば、
「レバレッジ比率は、通常時は2倍とし、相場変動時であっても5倍を超えてはならない」
というルール。
投資の余力が生まれて、
「チャンスだからもっと買いたい!」
と気持ちに負けてレバレッジを上げた結果、悲惨な目にあった人を何人も見てきています。
自分で決めたルールを徹底することです。
そして、”コツコツ勝ち続ける”ためには、例えば、
「20%上昇したら利益確定、10%下落したら損失確定(損切り、ロスカットと呼ばれています)」
というルールです。

初心者である場合のルール

初心者の方は
「10%上昇したら利益確定、5%下落したら損失確定」
というルールにしても良いでしょう。
ロスカットは投資家のみなさんを守る重要な役割です。
「損失を一定の範囲内に抑え」つつ、着実に勝ちを積み重ねていきましょう。

バックナンバー

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。