鍋の季節!家でお得に出来るちょっぴり変わったお鍋レシピ

3

読了目安[ 3 分 ]

木枯らしがきつい季節。身体の芯から温まる鍋料理が恋しくなりますよね。お鍋は、冷蔵庫にある食材で作れる節約料理の代表格ですが、もっとおトクにできる鍋料理のレシピを紹介します。

1.余った餃子の皮の新しい使い方!
家で餃子を作った時、余った皮はどうしていますか? 餃子の皮ピザにしたり、チーズを挟んで揚げ餃子にしたり……などでしょうか。それよりもっと簡単に餃子の皮を消費する方法があります。それは「鍋の具にする」です。鍋の具材に餃子の皮をプラスすることで、スープを吸ってボリュームもアップ。節約にもつながります。

人気の豚肉と白菜のミルフィーユ鍋。ミルフィーユのあいだに餃子の皮をはさんでみましょう。ぐつぐつとスープのなかで煮ることでワンタンのようにモチモチに。

餃子のあんを皮で包んで餃子鍋……という工程がめんどうなときは、「包まない餃子鍋」はいかがですか。

土鍋に白菜を敷いて、次にひき肉をしょうがやニンニクで味付けをして団子状に丸めたものをおき、ニラを重ねます。水・料理酒を加えてしばらく蒸したら、その上に餃子の皮を重ねて加熱します。手間も省けて餃子の皮も消費できる簡単レシピです。

2.あんかけでボリュームアップ
鍋の残りスープはどうやって〆ていますか? 雑炊やリゾット、うどんが定番ですが今年はスープを「あんかけ」にしてはいかがでしょうか。あんかけにすることで、ボリュームもアップして、満足感があがりますよ。
お鍋の残りスープにきのこや白菜などの野菜を加えてあんかけを作り、ごはんにかけたらおいしいあんかけごはんに。うどんであんかけうどんにしてもいいですし、焦げ目をつけた中華そばであんかけ焼きそばにしても。
本格的に作る時は、残りスープにオイスターソースやXO醤などを加えると、本格的な中華あんかけになります。
鍋の〆に食べても良いですが、翌日まで取っておけば、立派なランチの一品になります。節約できて手間もかからない優秀メニューです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。