新定番!大切な人と聴きたいクリスマスソング7選 〜邦楽Ver.〜

2

読了目安[ 3 分 ]

 街を歩くと耳に入ってくるクリスマスソング。「今年もクリスマスが来たな〜」とつい聴き入ってしまいます。

それにしても、流れてくるのは、どれも聴きなれた曲ばかり。山下達郎さんの「クリスマス・イブ」、マライア・キャリーの「恋人達のクリスマス」、ワム!の「ラスト・クリスマス」などは、いずれも80年代〜90年代にヒットしたナンバーです。

 ところが、新たなクリスマスソングも続々と生まれています! 最近登場したクリスマスソングの中からおすすめの楽曲をチェックしてみました。パーティーのBGMやカラオケで披露したら注目されるかも!? ダウンロードサイトなどで1曲ずつ購入できる楽曲もありますので、オリジナルのクリスマスソング集を作成しても楽しそうです。

back number「クリスマスソング」(2015)
群馬県出身バンドの14枚目となるシングル。現在放送中のTVドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」主題歌としても話題に。まさに新たなクリスマスソングの誕生、と言える名曲!

e-girls「Mr.Snowman」(2014)
恋する女の子の気持ちを爽やかに歌ったポップナンバー。この冬、好きな人に明るく告白したい人におすすめ。

宇多田ヒカル「Can’t Wait ‘Til Christmas」(2010)
「ペプシネックス」のCMソングとして起用された曲。ちょっと照れくさそうに想いを伝える、素直でかわいいナンバーです。

L'Arc-en-Ciel/Hurry Xmas(2007)
彼らが初めてクリスマスを意識して作ったという1曲。楽しげなバンドサウンドに乗せたロックな歌声がかっこいい! 賑やかなパーティーにぴったりです。

三浦大地「Everlasting Love」(1999/2007)
Folderとして歌った曲を、ソロとしてもセルフカヴァー。切なくソウルフルな歌声が、ロマンティックな時間を演出してくれるはず。

安室奈美恵/White Light(2005)
30枚目のシングルに収録されたHIP HOPナンバー。透き通った歌声とキラキラとしたサウンドに彩られたロマンティックな1曲。

BoA/メリクリ(2004)
しっとりと心に染み入るバラード。等身大の恋心に心があたたまる、切ないラブソング!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。