使わなくなった家具をDIYで大変身

1

読了目安[ 3 分 ]

最近流行りのDIYですが、実は意外と簡単にできるのです。結婚して子供ができ、ベビーベッドを使っていたという人も多いかと思います。しかし赤ちゃんはすぐに大きくなってしまいますよね。

そうするとすぐにベビーベッドは使えなくなってしまいます。意外と高くて、決してコンパクトともいえないベビーベッド、実はDIYで子供用家具にすることができるのです。今回はその方法を紹介します。

1. ベビーベッドの構造を把握する
市販されているベビーベッドの構造はほとんど同じで、柵の前部分が上下にスライドできたり開いたりする構造になっています。また、寝る部分の板の高さが調節できる部分があります。まずはこの構造を把握することでDIYがしやすくなるのです。ちなみに、大きさはだいたい標準サイズ、小型サイズ、ハーフサイズの3種類程度があります。材質は木材が多く、家具と同様、パイン材、ブナ材などが使われています。DIYを前提に長期間使うのであれば、ブナ材を購入しておくことをお勧めいたします。

2. 家具としてほしいものを再確認する
ベビーベッドのDIYで作れるのは、たとえば「ベビーサークル」、「ベビーカー」、「子供用家具」、「椅子」などです。主に子供の成長に合わせて、今、自分たちの家に何が欲しいかを再確認しましょう。

3. 100円ショップなどで追加の材料を購入、作成
欲しいものが決まったら、次は工具やペンキなど、DIYに必要な工具を集めましょう。多少のものであれば100円ショップで購入することができます。また、少ししっかりしたものが欲しければ専門店に足を運んでみるのもいいでしょう。DIYで大抵使うものは、カッターナイフ、キリ、のこぎり、かなづち、など多くて10点、100円ショップであれば小さいものが置いてあるため、1000円程度で買い集めることができます。

ベビーベッドは大切な子どもの眠りを見守り続けてくれた家具です。捨てるよりも、最大限に活用して、その思い出をまた新しい家具に吹き込んでみてはいかがですか?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。