株価チャートの曲線は何をあらわすの?

読了目安[ 2 分 ]

株価の動きを見るためのグラフを「株価チャート」といい、代表的なのが「ローソク足」です。

一定期間の始値・終値・高値・安値を長方形や線で表したもので、その期間中、株価がどのように動いたかがわかります。また、それを並べることによって、より長い期間の株価の流れがつかめます。

ローソク足のチャートに色の違う2本の曲線が重なっているのもよく目にするのではないでしょうか。この曲線を「移動平均線」といいます。移動平均線は、過去のある期間の終値の平均値を表しています。
例えば、平均をとる期間を25日とすると、

  • 1日~25日までの平均値
  • 2日~26日までの平均値
  • 3日~27日までの平均値
  • 4日~28日までの平均値

というふうに、1日ずつずらしながら25日間の平均値を並べて線で結んでいきます(実際にはその間の土日祝日を除いた25日分となります)。これを25日線といいます。同様に、75日間の平均値を並べていったものが75日線です。このほか、13週線、26週線などが使われます。

移動平均線からは、株価のトレンドが読み取れるといわれています。基本的には、株価のラインより移動平均線のほうが上にあれば、株価が上がると考えている人が多く、移動平均線のほうが下にあれば、株価が下がると考えている人が多いと判断されます。また、株価が移動平均線から大きく離れると、移動平均線のほうへ戻ることが多いようです。

期間の違う移動平均線(中期線と長期線)を重ねたときのパターンから株の買い時、売り時を判断する方法もあります。例えば、25日線と75日線の組み合わせでは、25日線が中期線、75日線が長期線となります。

長期線が上昇しているときに、中期線がこの長期線を下から追い越したところを「ゴールデンクロス」といい、その後、株価が上昇するポイント、つまり「買い時」と判断されます。逆に、中期線が下がってきているところに上から長期戦が突き抜けたポイントを「デッドクロス」といい、そこから株価が下がると予想される「売り時」と判断されます。

この程度を押さえておけば十分ですが、移動平均線から売買タイミングを読み取る方法はいろいろ研究されていているので、興味のある人は本やネットでチェックしてみてください。

株の銘柄選びは、基本的にはその企業のビジネスモデルや成長の見通し、業績や財務状況などの基礎的な条件で判断しますが、実際の買い・売りに際しては、移動平均線などのチャートも参考になるでしょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。