〜日本郵政グループの上場〜【第19回】高橋先生の教えて経済ニュース

読了目安[ 1 分 ]

〜日本郵政グループの上場〜

現状では、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の株式を日本郵政が保有しています。
その日本郵政の株式は国が保有しています。
今回、ゆうちょ銀行とかんぽ生命、日本郵政の3社の株式が売り出され上場します。

2005年に小泉内閣が郵政民営化を決定しており2012年から民営化され上場の手続きを進めてきました。

今後の予定としては10月中に売り出しの価格が決まり11/4に上場することが予定されています。

8割が国内の投資家に売り出される予定でそのうちの9割が個人投資家向けになる予定です。

国は一度にすべての保有株式を売る訳ではなく何度かに別けて売り出しを行う予定です。

今後の株式市場の動向としては日本郵政の株を買う為に、他の株を売ることも想定できます。
その場合には株式市場全体が下がる恐れもあります。

動画はこちら

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。