秋のダイエット!区営や市営の運動施設を効率的に使おう

1

読了目安[ 3 分 ]

スポーツの秋!そして食欲の秋でもあります。人事異動にともなう歓送迎会で飲み過ぎ食べ過ぎで、、すっかり太ってしまったという方も多いのでは。

年末にかけてのイベントシーズンでますます体重コントロールができなくなる……そうなる前に、ジムで身体を動かして、余分な脂肪を落としましょう!

でも、一般的なスポーツジムの会費は月に7000~1万円前後。毎日行ければよいですが、残業やさまざまな予定があって、月の半分もいけないということがあるかもしれません。そうなると、もったいないと思って二の足を踏んでいる方も多いのでは。今回は、区営や市営の運動施設を効率的に使ってダイエットをするコツをお知らせします。

1.平日夜23時まで利用可能!千駄ヶ谷の東京体育館
コスパの高さでいうなら、都内では千駄ヶ谷にある東京体育館。大手フィットネスクラブの「ティップネス」が経営しており、とにかくキレイでマシンの種類も豊富。マシン器具はなんと50台もあります。利用料金は2時間半で600円。25メートルと50メートルのプールと、浴槽がついたシャワールームも追加料金なしで利用できます。なんと平日は夜23時までやっているので、会社のあとに汗をかいて、そのままお風呂を済ませて帰るという使い方もいいですね。

2.フィットネスのほか、ヨガやダンスなども豊富な中央区総合スポーツセンター
日本橋にある中央区総合スポーツセンターの特色は、豊富なマシンに加えて、ヨガやダンスなどの教室があること。さらにシミュレーションゴルフやゴルフ練習場までありますよ。屋内のランニングコースもあるので、ジョガーの方にもおすすめ。それでいて、利用料金は2時間あたり400円と破格です!
こちらは、開館時間が21時半までなので、残業後だと通うのが少し難しいかも。休日に、レジャーとしてエクササイズを楽しむという使い方なら十分ありです!!

3.セレブ気分で!高層階にあって眺めが◎な池袋スポーツセンター

池袋スポーツセンターは、建物の10階・11階にあるので、眺めがいいのが特徴。夜景を見ながらトレーニングなんてセレブっぽいこともできちゃいますね。マシントレーニングだけでなく、プールやヨガ、ダンスも可能。利用料金は2時間600円です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。