幼児の小学校受験を家庭学習で!人気の問題集アプリで格安対策

読了目安[ 3 分 ]

11月に入ると、子どもたちの小学校受験戦線もいよいよ本格化。子どもたちよりも、応援するパパママのほうがドキドキしているでしょう。

お受験専門の塾や幼児教室もありますが、できれば家庭学習を織り交ぜて節約を心がけたいものです。

そこで今回は、小学校受験を乗り切るための家庭学習のメリットデメリット、楽しく取り組める問題集アプリをご紹介します。

人気アプリで格安にばっちり対策しましょう。

お受験に向けた家庭学習のメリット・デメリット

家庭学習の最大のメリットは、なんといっても経済面です。

小学校受験専門の塾や家庭教師、幼児教室などは授業料が高額ですが、家庭学習であれば過去問題や問題集アプリなどを購入しても数千円で済むでしょう。今後の教育費を考えても、締められる財布の紐は締めておきたいですね。

加えて家庭学習なら、その子のペースに合わせて受験対策ができます。習い事で忙しく塾に通う時間がとれない子にも、家庭学習が向いています。

一方で、家庭学習のデメリットは、勉強をみるパパママの負担です。

お子さんとパパママの双方に、勉強に対する強い意志がないと続けるのが難しくなります。また、親子マンツーマンで勉強することで、お子さんの客観的な実力を把握できなくなることも。そうした不安があるときには、幼児教室で行っている体験授業やテストに参加してみてもよいかもしれません。

小学校受験ってどんな問題が出題されるの?

小学校の入学試験は一般的に、ペーパー試験、実技、行動観察、面接などが実施されます。

少し古いですが、出題傾向として数学系(数、図形、絵の記憶)54%、国語系(ことば・話の記憶・理解)29%、生活科系(常識)11%、その他6%というデータがあります。

小学校での学習の基礎になる数学(算数)や国語に重きを置いている小学校が多いようですね。アプリで対策するときも、この点を重視するとよいのではないでしょうか。

問題集アプリ1.進化する問題集くるくる

小学校受験のペーパー試験対策アプリ「進化する問題集くるくる」は、独自の人工知能搭載で、解けば解くほど賢く、使えば使うほどお子さんの傾向に合わせて使いやすく、便利になっていきます。

ライバルとの実力差を見える化してお子さんのやる気を引き出す「ランキング機能」、ひとりで文字が読めない子でも安心の「読み上げ機能」、指先で問題集に書き込みができる「書き込み機能」など、便利な機能が満載です。

レビューでも、「何の説明も無しに、やってみる?と差し出すと、さっそくやっていました。問題が全部ひらがななので、スイスイ読んでどんどん自分で先に進めてました。」といった高評価を得ていますね。

問題集アプリ2.お受験パパの選ぶドリル

家庭で小学校受験の準備や幼児教育の一環として人気である「お受験パパの選ぶドリル」は、ゲーム感覚で子供と一緒に勉強を楽しめます。

アプリで実際に出題される問題は、国立・私立小学校で過去に出題された過去問題から、問題のパターンや傾向を徹底的に分析した上で制作されています。子どもを飽きさせない工夫もとして、問題に正解するたびにごほうびのシールがゲットできます。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。