今年は値上がり?!本格流行の前にインフルエンザの予防注射をお得に済ませよう

読了目安[ 2 分 ]

10月も半ばになると、インフルエンザの本格的な流行シーズンになります。お子さんがいる家庭などは、急いで予防接種に行かないと!と気がはやるかもしれませんがちょっと待って。

インフルエンザの予防接種って、病院によって値段が違うのはご存知ですか。いつものかかりつけのお医者さんに行く前に、ちょっとだけ立ち止まってみると、節約になるかもしれません。

今年はとくに、コスト高で去年に比べて1.5倍の値段になっている病院もあるようです。今回はインフルエンザの予防注射をお得に受ける方法を紹介します。

インフルエンザの予防注射は病院によって値段がちがう!

インフルエンザの予防注射は健康保険でカバーされない自由診療なので、病院ごとに価格が設定できます。そのため、病院によっては1000円以上も値段が違うことも。

また、ワクチンに防腐剤を使っているかどうかでも価格が変わってくるようです。

値段が安くてもワクチンの種類が違うわけではないので、ご近所のママ友などの口コミを参考にして、できるだけ安い病院にいくほうがお得です。

子どもの予防接種は2回必要!

子どもと大人ではワクチンの接種量が異なるので、子どもはインフルエンザの予防接種をするときに2回打つ必要があります。1回の接種がだいたい2000円程度なので、2回で4000円程度かかります。

ただ、病院の中には2回目の接種を安くしたり、無料にしたりするところもあるよう。

また、自治体によっては子どものインフルエンザの予防接種に補助金を出しているところもあります。時期になったら、マメに広報誌などをチェックするといいでしょう。

会社の補助制度などを見逃さず!

子どもだけでなく大人の場合も、勤め先などで、福利厚生の一環としてインフルエンザの予防接種に補助をしていることがあります。総務などから回ってくるお知らせや、社内の掲示板などで申し込み要項などが知らされることが多いので、こうした情報は見逃さず、お得にインフルエンザ予防をしましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。