大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二五回「自分のやった仕事を残してますか?」

1

読了目安[ 3 分 ]

『ぶっちぎり社員育成塾』第25話。

自分のやってきた仕事って残してますか?仕事って表現は伝わりにくいですかね。アイディアとかタスクって言った方が良いですかね。横文字の方が伝わりにくいかも知れないけど・・・・・。

与えられた仕事、自分で考えた仕事、両方あると思います。入社したばかりの時は、与えられた仕事が多いかも知れませんが、少し経ってくると、自分で考えてやる仕事が出来て来るはずです。会社によるとは思いますが。

その、自分で考える仕事を保存してるか?って話しです。

その瞬間、本気で仕事をしてると思います。本気でやってると、過去の事は覚えていられないことも多いはず。でも、本気でやった仕事、アイディアは、後で使えることってあるんですね。

1.過去のフォームを思い出す
野球とかゴルフでも、自分の良かった時のフォームを動画で残したりします。
で、今と比べる。良かった時とのズレを発見するためですね。

ビジネスでも同じです。たま~に、スランプみたいになることがあります。それとか、精神的に疲れることも。

そういう時に、過去にやった仕事が残ってると、過去の自分と対比できます。そこで、自分の成功パターンみたいなやつを思い出したり、過去の仕事からアイディアが生まれたりする可能性があります。

僕は、20代中盤でパソコンを使い始めてから、自分のやった業務を毎月箇条書きで残してます。それを見ると、過去の自分と対比できる。意外と良いことをやってたのに、今は止めちゃったこととかが見つかることもあります。

2.周囲に伝えることが出来る
自分のフォームのために残すのもあります。あとは、副産物的に、上司に提出することが出来ます。

別に上司に提出しないでも良いですけど、自分のやって来たことを伝えたいタイミングがあったら提出することが出来ます。

上司の評価は低いより高い方が良い。高い方が、自由が利きますからね。なので、やった仕事とかアイディアは、箇条書きで残した方が良いんです。

未来にどんな仕事をするかわからないし、どんなポジションになるかわかりません。でも、過去は確実に存在します。それを使った方が良い時が訪れる時もあります。

今月から、自分がやった仕事、考えたアイディアを残して行きましょう。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。