九州に移住したい方向け補助金情報!Part2

3

読了目安[ 3 分 ]

今回は、九州に移住したい方向けの補助金をご紹介したいと思います。人口減少が深刻化する中、各自治体では人口を増やすための施策があります。

それが、“定住促進”の補助金です。こちらの補助金は、大きく分けると3つの種類があります。まず、住宅を買うための費用を補助してくれるケース、それから、家賃を補助してくれるケース、最後に空き家物件等をリフォームする際に補助をしてくれるケースです。

3つの中で、個人的に注目をしたいのは、住宅取得時の補助金です。やはり一戸建てのマイホームは憧れですよね。

調べた中で、一番金額等の条件が良かったのは、薩摩川内市でした。400万以上の住宅を取得したら最大150万円の補助金が出ます。こちらの制度の特色は、移住する地域ごとに金額が異なる点です。地域により補助金が、100万や15万円に変動します。さらに、補助金への加算があります。

まず、地域により1人につき6万円×5年分=30万円の加算がつきます。また、18歳未満のお子さんがいると、50万円までを限度に、1人につき10万円が加算されます。市内業者加算というものも、50万円あります。薩摩川内のホームページを見て驚き、念のため確認をしたところ、加算はすべて合計されるため、お子さんの人数によっては250万円以上になりえます。ただし、初年度に補助金の50%、2~6年目で残額を5年間に分けて均等払いになります。

一般的に住宅取得の定住促進補助金は、新築の場合と中古住宅の場合で補助金額が異なります。例えば、霧島市では、新築の場合に費用の1/10で100万円限度ですが、中古の場合には同じく費用の1/10で50万円が限度になります。その他、中学生以下の扶養しているお子さん1人につき20万円が加算されます。補助金は、半額ずつを1年目と5年後に分かれて支給されます。

ところで、地域ならではの面白い制度があるのが、垂水市です。補助金額は、500万以上の住宅取得で100万円(10万円は市内商品券で支給)と一般的ですが、桜島の降灰掃除グッズが贈呈されます。なんとなく嬉しい心遣いですよね。

その他、玉名市では新幹線通勤定期券の補助金制度があります。通勤手当の額を差し引いた額の1/2で1ヶ月3万円が限度ですが、これは助かります。補助金は、本当に自治体によって様々です。ぜひご自身の興味のある都道府県のホームページを調べてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。