雑誌で取り上げられる“オススメ株”を買うのは得か?損か?

1

読了目安[ 3 分 ]

株主優待において人気銘柄というのは必ずありますが、初心者はこのような“オススメ株”を勧められるときに本当にこの株でも大丈夫なのか?それだけ人気銘柄ならもう既に株価は十分上がってしまっているのではないか?

というような疑問を持つ人は少なくありません。確かに株価は様々な要素で細かな変動を繰り返します。雑誌などに一度オススメ株として載ってしまえば
その銘柄の株価は上昇する傾向にありますし、ちょっとした風評被害でも株価はすぐに下がります。

では雑誌やネットなどで“オススメ株”といわれる株は株価が十分に上がり切っていて、今頃買うのは手遅れなのではないのか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。今回はそのような人のために、あなたが雑誌やネットで取り上げられるような“オススメ株”を購入することが大きく得をする理由についてお話していきます。

株価が下がりにくい
人気の株主優待株の株価は下がりにくいという事実をご存知でしょうか。というのも基本的に株主優待株は優待がもらえる権利日に売られ、株価が下がる傾向があるのですが、人気優待株は権利日以降にも比較的株価が下がりにくい傾向にあります。人気優待銘柄は多くの投資家も優待目当てで株を買っている人が多いので、権利日以降も株価がなかなか下がりません。一度保有さえしてしまえば株価が下がりにくいというのは大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

購入基準を満たしていれば株価は関係ない
株を購入するときに何か明確な基準がありますか?配当+優待の利回りが3%以上だとかPERが15以下だとか、株の購入時における基準があるでしょうか。このような自分の基準さえ満たしていれば株価が例え以前より高騰していたとしても十分に購入する価値があると言えます。購入に明確な基準がある人はオススメ株が自分の基準に合えば、購入すれば良いし基準に満たなければ買わなければいいでしょう。

危険株に手を出すリスクが減る
配当+優待利回りはいいのに、なぜか株価がずっと伸びていない株というものがあります。様々な要因があるとは思いますが、一つの要因としてはその会社の経営が上手くいってなく、株を購入するのにリスクがあると感じているため利回りが高くても投資家も避ける株というのが存在するのです。しかしオススメ株はこのような危険株に当たることも少なく、安心して購入することができます。リスクを減らしたいと考えるのであれば、買わない理由は特にないのではないでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。