もうすぐ本番!ハロウィンの仮装に合う髪型はセルフでセットしよう!

1

読了目安[ 3 分 ]

いよいよハロウィーン本番!友達や仲間と仮装パーティの企画をたてている人もいるかもしれません。

気合の入った女子は、仮装アイテムを身につけるだけじゃなく、全身ばっちりとキメたいもの。そうなると、髪型も重要なポイントになってきます。でも、美容院に行ってセットすると少なくとも3000円はかかります。年に一度のイベントとはいえ、節約派としては痛い出費といえるかもしれません。そこで今回は、ハロウィーンパーティで差をつける、かわいい髪型のセルフセット術について紹介します。

1.仮装でも大人気!猫耳ヘアでかわいい黒猫になっちゃおう
ハロウィーンの仮装の定番といえば、魔女のお供の黒猫。かわいいですしとっつきやすいので、仮装初心者の人にも受け入れやすいといえます。
黒猫の仮装をするときには、猫耳のカチューシャを買ってつけてもよいのですが、今回は自分の髪の毛で猫耳を作り、他の人にちょっと差をつけるやり方です。

まず、髪の毛をセンターパーツに分けて、左右の耳の上の毛をとります。
とった毛束をひっぱり、逆毛をたてます。逆毛でふんわりしたら、毛先から軽くねじります。三角形に整えて毛先は中に入れ込んで見えないようにし、ピン留めで固定します。

ヘアスプレーをかけて、毛流れを整えたら出来上がりです。猫耳っぽく見せるには、てっぺんを少し引っ張って、三角形を強調させるのがポイントです。
鼻を黒く塗って、頬にひげを描き、アイライナーをハネ上げさせて猫目を強調したら、猫コスプレの完成です!

2.今旬の仮装といえばあの姉妹キャラクター!
今もっとも仮装したいキャラクターといえば、大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」の主人公姉妹、アナとエルサでしょう。
アナの場合は、髪の毛を左右ふたつにわけて、ゆるいおさげに。
エルサの場合は、前髪をポンパドールか、リーゼント風にふんわりさせて、後ろは1本の編み込みに。どちらも、三つ編みをもとにした髪型なので、真似するのもそれほど難しくありません。
どちらの場合も、三つ編みもしくは編み込みのふんわり感を出すために、きっちり編み込むのではなく、編みあがったら毛をひっぱって太さを出すのがかわいく仕上げるポイントになります。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。