〜投資って何なの?〜【第18回】高橋先生の教えて経済ニュース

読了目安[ 1 分 ]

〜投資って何なの?〜

本来の長期的な投資とは多くの人が出し合ったお金を使って、企業が成長し利益をあげたときに、その一部を投資のリターンとして還元してもらうことです。

アイデアや、技術、サービスを形にするためにはお金が必要です。
そこで、投資家にお金を出してもらうことによって、良いサービス、商品が生まれて、世の中全体の価値が増加します。

投資した人全員が利益を得られることも可能な仕組みになっています。

一方で短期的な投資としては株価が上がるのか下がるのかを予想し、それにお金を投じることです。

予想があたればお金が増えることもあるかもしれませんが、減ってしまうこともあります。
ギャンブルに近いような方法です。

他にも、FXを利用した方法も短期的な投資といえます。

投資はギャンブルのような方法だけでなく世の中の為や人の為になる方法もあります。

動画はこちら

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。