お歳暮は早く購入すると早割りに!お歳暮を安くする賢い贈り方を学ぼう

読了目安[ 2 分 ]

年末に向けたデパートのお歳暮商戦が始まりました。
お歳暮は早く購入すると、早割が適用されてお得になります。早割で申し込んでも、送る時期は選べるので心配ありません。

「えっもうそんな時期?」なんて言っていると、乗り遅れてしまいますよ。今回は、お歳暮を早割で贈るメリットを紹介します。

お歳暮っていつ贈ったらいいの?

関東地区を中心とした、平均的なお歳暮の時期としては、12月上旬から12月20日までとされています。本来、正式なマナーは12月10日頃から20日頃に贈るものとされていますが、年々早まる傾向にあり、最近では12月に入ると贈り始めるようになっています。

逆に、時期に遅れてしまった場合には、12月20日~大晦日までなら「寒中見舞い」、新年が明けたら「お年賀」として贈ります。
お歳暮は日ごろの感謝を表すものなので、相手方や自分が喪中でも贈ってさしつかえありません。ただし、お年賀の場合は喪中のときは贈りません。

大手スーパーでは早期申し込みで割引サービスを実施

お歳暮をどこで用意するかというのはけっこう頭の痛いポイントですが、「早割」という観点からだけで考える場合は、デパートよりも大手スーパーを利用するのが良さそうです。

例えば、イトーヨーカドーの冬ギフトカタログでは、「早期承り特典」対象商品を12月8日までに申し込めば、早期承り特典で10%割引になります。早割が適用されるのは、平牧三元豚を使ったソーセージ・みそ漬けギフトや、「とり野菜鍋用詰合せ」セットなど。
一方、ダイエーでは、12月6日までの申し込みで10%オフ、イオンでも12月8日までの申し込みで10%オフが適用されます。

百貨店・デパートの早期申し込み特典

普段は百貨店やデパートで買い物はしないという人でも、お歳暮だけは購入したいという人もいるかもしれません。百貨店やデパートでは、早期申し込みをしても割引になるところは少なく、逆に「先着●●●名様まで粗品プレゼント」といった特典を設けているところが多いようです。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。