「寒すぎて集中できない」?お子さんが勉強に集中するための低価格あったかグッズ

2

読了目安[ 3 分 ]

年末に向けて、受験生は追い込みの時期になっていきます。
いくら暖房費を節約していても、子どもが寒すぎて勉強に集中できなかったり、風邪をひいて体調を崩すようではいけません。

今回は、暖房費を節約しつつ勉強に集中できるあったかグッズについて紹介します。
これで、受験の季節もばっちり乗り越えられます!

1. エコなあったかさ:着る毛布
着る毛布は、その名の通り毛布の生地でできた羽織もののこと。数年前から話題になり、ユニクロやニトリといった大手メーカーも商品化したことで、人気に火が付きました。通常の毛布にくるまっているのでは、手を動かしにくいので勉強をするのに不便ですが、着る毛布なら袖がついているのでそんなわずらわしさはありません。
着る毛布の草分け的存在ともいえるのが、あたたかさをそのままデザインした着ぐるみ毛布の「Groony(グルーニー)」です。同じ生地でできたベルトがついているので、動きやすさが格段にちがいます。とっても軽くて暖かい生地は、髪の毛の約100分の1以下という超極細繊維(マイクロファイバー)でできています。人の体温で温められた空気をこの繊維のなかに閉じ込めることで、保温性を保つのです。暖房器具のように熱を作るのに電気などを必要としないのでとってもエコで経済的です。

2. 頭寒足熱で受験生にもイチオシ:電気毛布
某人気ブログで紹介されたことで人気に火が付いた電気毛布。ファンヒーターやエアコンとは違い、足元だけを温めるので眠くななりにくく、受験生にもぴったりです。
消費電力 は55W程度なので、エアコンや電気ヒーターに比べたらぐーんとオトク。
また、エアコンを使い続けていると空気が乾燥してのどが痛くなり、風邪をひく原因にも。電気毛布ならそんな心配はいりませんし、加湿器を使う必要もないのでますます電気代の節約になります。

どちらの商品も効果絶大なので、「あったかくて勉強に集中できな-い」なんてことにならないようにお気を付けくださいね!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。