会社にビジョンがない時・・・・・。

会社にビジョンがない時・・・・・。

読了目安[ 4 分 ]


『ぶっちぎり社員育成塾』第24話。

これありますね。ビジョンがないということが。

ないというか、「入社前に説明を受けていたことと違った」ってパターンが多いかも知れません。

今までに、何人かの後輩に聞いたし、高確率だったんで、悩んでる人がたくさんいる。

そこを話すと、「入社の時に選んだの自分でしょ」とか「会社の見極め方って話しになっちゃう。

なので、ここを突っ込むのはやめますね。
それを読んでくれている、ぶっちぎり社員候補のあなたには、これからどうするか?を語った方が良いので。

会社のビジョンが見えないときどうすればいい?

今日は結論から言いますね。
『自分で勝手にビジョンを創る』
です。

言ってることを違ったり、なかったりするんであれば、自分で作れば良いんです。
仕事において、ビジョンを大切にする人は、それをやった方が良いと僕は思います。

入社前に説明を受けていたビジョンが、実際のものと違っていた。
ビジョンを大切にする人は、それは辛いことです。

仕事を生きる為にやらなければいけないことと考えるのではなく、仕事を通して社会に貢献することや、自己実現することを重視してるからです。
なんなら、それが大きくズレたという理由で、退社さえも考えてしまうはず。

それはそれで良いんですけど、ぶっちぎり社員になる為には、3年ぐらいは寝食を忘れて仕事をすることを勧めてるので、まずは頑張って欲しいと思っています。

で、頑張るためにすることが、自分で勝手にビジョンを創ることです。

自分でビジョンを作る2つの方法

方法その1:ビジョンを自分の中だけで決めること。

これが無難です。

派手な方法を取らなければ、自分が何を考えてるかは、周囲にはわかりません。
わからないけど、自分の中ではビジョンがある。それがあるから行動できる。
そういう考え方です。

「聞いてた話と違うよ~」ってボヤくよりは、100倍は良いと思います。

方法その2:自分で決めて、部下に浸透させる。

これは、もの凄いリスクが伴います。会社の方針とズレる可能性があるから。

ただ、説明との違いを感じ、退社をしようと思ったのでれば、ここまでやってみるのも手かも知れません。

説明と違ったり、元々ない場合は、それが最優先の会社ではない可能性が高い。
ということは、重視しなくても大丈夫である可能性があるということです。
低い可能性ですが、自分がビジョンを掲げ、部下を引っ張る。
そして、成果を出し続ける。
そうすれば、そのビジョンを会社に認めてもらえる日が来るかも知れないのです。

パターン1、パターン2、どちらでも良いので、ビジョンが最優先のあなたは、理想と違うことを嘆かないで、自分のビジョンでどんどん行動しましょう。
それが、ぶっりぎり社員になるコツの一つです。
1週間以内に決めて、動いてみてくださいね。

会社にビジョンがない時・・・・・。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

次へ:第25話 自分のやった仕事を残してますか?
『ぶっちぎり社員育成塾』バックナンバー

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。