日常生活からお得な割引を受け取りたい方だけ読んで下さい

1

読了目安[ 3 分 ]

前回の記事では買って損はしないオススメの飲食系の株主優待について紹介させていただきました。しかしこれまでにご紹介したように株主優待は飲食系だけではありません。

クオカードやお米券などの商品券をもらえるものもあれば、その会社の割引券や株主だけが受けることのできるサービスであったりなど、株主優待の種類は様々です。今回は飲食系以外のおすすめの株主優待についてお話していきたいと思います。

イオン
イオンの株主優待は他の会社のものと比べると少し特徴的です。株主優待といえば真っ先に想像できるのが何か自社製品であったり、商品券であったりするのですが、イオンの場合は保有株数に合わせてキャッシュバックを受け取る事が出来るのです。

100株以上であれば3%、500株以上であれば4%と最大7%までのキャッシュバックを受け取る事が出来るのです。普段イオンで買い物をする機会が多いという方は持っておいて損はない優待なのではないでしょうか。1000株以上持っていれば長期保有でギフトカードがもらえるのも嬉しいポイントですね!

ビックカメラ
長期保有株主を優遇することでも有名なビックカメラの株は株主優待生活を送っている優待族では知らない人はいないでしょう。2月と8月の年に2回優待がもらえ、1年以上株を保有している人であればさらなる優待をもらうことができます。

しかも100株以上であれば保有株数が増えるほど優待内容も豪華になっていきます。株価も下がりにくく安定している優良株と言えるでしょう。

オリエンタルランド
日本中の誰もが知っているディズニーランドを運営しているオリエンタルランドにも実は株主優待が存在します。1株あたりの株価が高いので、株主優待をもらうためには必要金額が相当にいりますが、株主優待の優待品としてはなんとディズニーランド、またはディズニーシーの1日パスポート券がもらえます。

株数に応じてパスポート券の数も増えますし、一生の思い出を作る事の出来る場所と考えれば、ちょっと頑張って株を買ってみる価値はありそうですね!

いかがだったでしょうか。今回は食品系以外の株主優待ということで3つ紹介させていただきました。ここにあるものはどれも有名なものですし、ぜひ一度株を購入することを検討してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。