ハロウィーンはどんな楽しみ方があるの?予算別ハロウィーンの楽しみ方を紹介

1

読了目安[ 3 分 ]

10月のイベントといえばハロウィーン。最近では、すっかり日本でも根付いた感があります。

本来は、子どもたちが仮装をして、練り歩きながらお菓子をもらうイベントですが、日本では大人も子どももコスプレをして楽しんでいます。
ただ、1年に1度のイベントだから予算をかけていっぱい楽しみたいという人もいれば、1年に1回のことにそんなに出費をしたくないという人もいるはず。今回は、予算別にハロウィーンイベントを楽しむ方法を紹介します。

1.100~1000円:おうちで楽しむ手作りハロウィーン
できるだけ安く節約して楽しみたいという場合は、おうちでハロウィーンパーティを開くのがおすすめ。仮装グッズなら大手の100円均一も力を入れているので、100円とは思えないようなモノが手に入ります。
パーティの食事メニューも手作り中心で。バナナにチョコレートで目鼻を書いたゴーストや、皮をむいたみかんに細く切ったセロリなどを挿して小さなジャック・オ・ランタンにしてもよいでしょう。ハロウィーン柄のマシュマロやチョコレートを用意してもいいですね。ちょっとした工夫でハロウィーン気分を盛り上げます。

2.1000円~5000円:気合いの入った仮装とデリバリーメニューで楽しむハロウィーン
100均で買ってきた仮装グッズを身に着けるだけでなく、メイクやネイルにも気合いを入れて。
料理は手作りしてもいいですが、人数次第ではデリバリーやお惣菜のほうが割安になることもあります。ただ、全てをデリバリーやお惣菜で賄えるほどの予算はないので、例えばポテトフライやから揚げなどのお腹が膨れるサイドメニューは手作りすることで、予算を抑えつつ、豪華さのあるパーティが演出できます。

3.5000円以上~:1年に1度のイベント、予算を忘れて楽しもう
5000円以上の予算があれば、本格的な仮装用のコスチュームを買ったり、家飲みではなく外のバーやレストランでハロウィーンパーティを開くこともできます。ディズニーリゾートに出かけて仮装を満喫するのもよいですね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。