九州に移住したい方向け補助金情報!

読了目安[ 2 分 ]

長期連休で旅行に行かれた際、このままこの土地で暮らしてみたいと、思うことはありませんか?都会の暮らしも良いけれど、自然豊かな土地での暮らしもちょっと気になるという方。

今回は、前回の北海道に引き続き、第2弾です!九州に住んでみたい方のための移住の補助金を探ってみました!

お試し暮らし制度?

まずは、短期間滞在をして、移住をするかどうかを決めることが出来る“お試し暮らし”の制度をご紹介します。九州の移住体験の相場は、非常に安くて驚きました。1ヶ月以内なら無料という自治体もあります。例えば、柳川市や西海市などは賃料無料、水道光熱費も無料です。しかも、きちんとした2DK、3DK(お風呂・トイレ付)で、家具や家電も揃っているようです。

お試し暮らしが有料の自治体でも、良さそうなところがあります。それは、玉名市です。月々1万5千円で、最長6ヶ月まで借りることができます。こちらも家具や家電付で、近くには、夏目漱石ゆかりの草枕温泉もあります。温泉のそばに住むなんて素敵ですよね。

ところで、宝島社が発行している『いなか暮らし』という本で、住みたい田舎ベストランキングというものがあります。その第1回において総合1位に輝いた自治体が、豊後高田市です。総合ランキング以外でも、7部門のうち「移住者支援制度の充実度」、「子育てのしやすさ」、「老後の医療介護体制」部門において1位でした。ちなみに、豊後高田市は、2015年のランキングでも総合3位に入っております。

豊後高田市の移住者支援・定住促進政策

そこで、そんな豊後高田市の移住者支援・定住促進政策に注目をしてみたいと思います。調べて見ると、移住希望の新婚さんは歓迎されるようです。例えば、新婚生活応援金という制度があります。婚姻届を提出して6ヶ月以内に引越し、2年以上定住する約束をすると10万円を申請できます。また、新婚・子育て世代向けに家賃応援金という制度があります。こちらは、支給要件を満たし、対象住宅に住むと36,000円を受け取れます。

定住や移住支援を調べるのは、自治体ごとに制度が異なるため、どの自治体が良いのかを調べるのはなかなか大変です。その点、豊後高田市は、定住希望の方に制度を分かりやすく説明する専用のサイト「ぶんごたかだに住んでくだサイト」というものがあり、移住・定住希望者には有難いと思います。

次回は、九州の定住促進制度を中心に住宅購入の補助金につきまして、ご紹介をしたいと思います。ご期待ください!

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。