株主優待株でも必要?株の損切りの目安とは

読了目安[ 2 分 ]

株主優待目的で買った株でも株価が下がると「株主優待も欲しいけれど損切りして売った方がいいのではないか?」と考えるのが人間の心理です。
そこで今回は株主優待目的で買った株を損切りして売るときの基準についてお話していきます。

損切り売却の基準

まずベースとして頭に置いておいてほしいことがあります。それは株主優待株は長期投資であるということ。長期投資をするということは多少の株価の振れ幅に左右されてはいけません。

「今日は50円も下がった、10円株価が上がった!」

わずかな振れ幅に左右されていては損切りをしなくてもいい期間に損切りしてしまい、株主優待目的で株を始めたのに株価にばかり目を奪われることになりかねません。そうなってしまうと株価をチェックした数分後に再び株価をチェックし、株のことで頭がいっぱいで他のことに集中できないようになってしまいます。

ですからしっかりと自分の中で売る基準を設けておくことが必要になってくるのです。

株主優待目的で買った株の売り時とは、

  1. 優待制度が廃止されたとき
  2. 買値よりも株価が10%以上下がった時
  3. 粉飾など株価が急落しそうな要素が出てきた時

の3パターンです。
1と3については株主優待目的で株を購入したのに株主優待を受け取れない可能性が高くなるのですから、株を持ち続ける意味がなくなってしまうので、できるだけ早く株を売却してしまったほうがいいです。

2については例外として長期保有が優遇される株は持っておいた方がいいです。しかし一般的にこの買値の10%という数字がひとつの基準とされています。
株主優待を目的とした投資家の中には「株主優待株は損切りするな!」というようなアドバイスがありますが、そのような人たちは長年の経験と勘で損切りしなくてもいずれは株価が上がると分かっていたり、リスクがある会社には元々手を出していなかったりします。慣れてくれば損切りという考え方は捨ててもいいかもしれませんが、不慣れな間は損切りをすることによりリスクを減らすことができます。

株には当然リスクもつきものなのですが、自分の中でしっかり基準を設けることで、そのリスクを最小限に抑えましょう。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。