株主優待がまだもらえる?例外的に追加で優待をもらう方法とは

4

読了目安[ 3 分 ]

前回の記事では“隠れ優待”ということで株主優待ではないけれど、株主優待相当の商品がもらえるということについてお話しました。実はこの株主優待相当の商品を受け取ることができるのは、“隠れ優待”だけではないのです。

株主優待をもらった上で、さらに株主優待相当の商品ももらえる方法なので、この情報を知っておくだけで年に1度だけではなく数回株主優待相当の商品をもらえる権利を獲得することができるのです。「株主優待を受け取るだけでなくもっとお得に商品をゲットしたい」そのように思われるのであれば、今からの記事を例え仕事出勤前の5分間でも目を通してください。

先に結論から言ってしまうと、隠れ優待以外に株主優待相当の商品を受け取る方法とは株主総会に出席するという方法です。

株主総会とは簡単に説明すると株式を発行している会社の取締役や会社の合併・解散などの重要事項を取り決める会のことです。この株主総会には前もって決められた日までに一定数以上の株を持っている株主には全員参加する権利が与えられます。

この株主総会に参加すると上記のような重要決定事項について1人の株主として意見を言ったりすることができるのですが、多くの企業はこの株主総会を終えたあとにお土産として株主優待相当の商品を株主に配ることも多いのです。

お土産は多くの場合はそれぞれの企業の自社商品を配っています。キリンホールディングスは「一番搾り」や「午後の紅茶」など、食肉加工会社の米久も2000円相当の自社商品など、たった2時間程度の会に出席するだけでも気前のいいお土産をもらうことができます。食品メーカーではない丸紅リースやぴあなどでは自社の商品ではなく、クオカードをお土産として株主総会の出席者に配っているようです。このように株主総会では自社製品に限らず、様々な株主優待品のようなお土産を配っています。

株主総会は平日の昼に行われることも多く、なかなか出席することは難しいかもしれません。しかし上記にあげたように2時間程度株主総会に出席すれば
株主優待相当の商品をもらうことができるので、時間が許せば参加してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。