株主優待がない企業にも実は存在する“隠れ優待”の正体とは

読了目安[ 2 分 ]

“隠れ優待”というものをご存知でしょうか。おそらく証券会社や優待について書かれているサイトを見ても、あまり書かれていないので初めて聞いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

隠れ優待って?

隠れ優待とは優待があるというように企業は公表していないけれど実は株主優待のように商品がもらえるという美味しい話があるのです。この隠れ優待を知っていると、株主優待だけではなく通常の株式投資をすることも楽しみがどんどんと増えて行くので、ぜひ知っておいていただけたらと思います。

さて、隠れ優待は優待同様の商品がもらえるというようにお話しましたが、それでは一体普通の株主優待とは何が違うのでしょうか。それは隠れ優待は株主優待のように株を持っていれば無条件に優待の商品がもらえるというわけではないという点です。

どのようにすれば優待がもらえるのかと言うと企業によって様々ですが、アンケートであったり、商品を抽選で受け取ることができるといったように株を保有している+αの条件がつけられることが多いです。つまり株主優待のように持っているだけというわけにはいかないけれど、ほんの一手間を加えるだけで優待相当の商品が手に入るというわけなのです。

しかしこの隠れ優待にはデメリットもあります。そのデメリットとは隠れ優待は株主優待のように公表されているわけではありません。ですので、隠れ優待は毎年必ずもらえるわけではないですし、なくなったからといって特に文句を言える訳でもありません。今年もらえたから来年も同じように優待がもらえるかといえばそのようなわけではないのです。

しかし、もし配当利回りが高くて隠れ優待ももらえるとなればなにも優待がないよりは、お得感を感じることができますし、なにより何ももらえないと思っていたのに突然優待が届くと嬉しいものがありますよね。

隠れ優待を大きな目的として数万円もの投資をするのは少しおかしいですが、株の売買の目安のひとつくらいにはなるでしょう。隠れ優待を好んで株を選ぶ投資家もいますし、隠れ優待の一覧なども一度調べてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。