婚活入門編!自分らしい婚活で節約する

1

読了目安[ 3 分 ]

 今年の春、あのブライダル雑誌「ゼクシィ」が婚活サイト「ゼクシィ縁結び」をオープンさせました。個人情報を交換しなくてもデートをセッティングできる、といった気軽なサービスがすでに人気を呼んでいます。

 最近はこのようにネットで発展していく婚活も増えていますが、その一方で、結婚相談所や婚活パーティーも根強い人気があります。

 気軽に参加したいのか、期間を決めて本気で挑むのか。あれこれ手を出すのではなく、自分の目的や予算にあった方法を見極めることが、婚活における節約のコツといえそうです。

料金は高いが、“親戚のおばさま”的にお膳立てしてくれる結婚相談所
 条件のあう相手と、計画的かつ確実に引き合わせてくれるのが結婚相談所。1〜10までお見合いをお膳立てしてくれる“親戚のおばさま”的な存在で、信頼度も高いです。そのかわり、料金は入会費など諸々あわせて年間20〜30万程度とお高め。

 引っ込み思案の人、面倒くさがりの人ほど、高い料金を支払っただけの効果が得られるかもしれません。

 節約したい人は、年間10万円台と格安の結婚相談所もあります。ただし、イベント代などが別途必要になることもありますので事前に確認を。

料金は安いが、コミュニケーション能力が問われる婚活サイト
 プロフィールなどを登録し、共通点のある相手を探すことができる婚活サイト。普段出会えない人との“出会い”は確保してくれますが、そこから先は自分からメールを送るなど、コミュニケーション能力が問われることも多いようです。
 利用料金は一カ月3000円程度。とにかく出会いが欲しい! という人にはぴったりといえそうです。

手っ取り早く出会いたい人は、婚活パーティーへ!
 相手を探すこと、交流を持つことが一気にできてしまうのが婚活パーティー。平均費用は、男性4000〜7000円、女性2000円〜4000円ほどです。
 内容は、大人数のパーティーや席替えや個室でのトークが主流ですが、最近は「バスツアー婚活」や「クッキング婚活」など多岐に渡っています。趣味を楽しみながら出会いを求める人や、手っ取り早く相手を探したい人には向いているかもしれません。

 最近は、自治体やNPO団体が比較的リーズナブルに開催しているパーティーもあります。自分が住む街で検索してみるのもよいでしょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。