あなたの商品を2倍売るための商品説明のコツ

1

読了目安[ 3 分 ]

ネットでものを売り始めると、もっと思うように商品が売れたらいいのにと思う人は少なくないでしょう。たくさん商品を出品しているのに、あまり売れなければ商品を売る楽しみも半減してしまいます。

そこで今回は出品した商品を2倍売れやすくするための説明文のコツについてお話していきたいと思います。

ちなみにあなたは現在商品説明をどのように書いていますか?ここで多くの人は頭では具体的に書かなければいけないだとか、商品の傷や汚れをしっかり載せようと思いながらも、面倒で全ては載せ切れていないという方が多いのではないでしょうか。

しかし商品説明は非常に重要で、あなたの商品を買う人は写真と価格、そして説明文から購入するかどうかを判断しなければいけません。実際にお店で買うならば手に取り、サイズ合わせや色の確認などもできますが、ネットではそうは行きません。

お客さんはあなたからの情報を信頼し、写真を見て総合的に判断するしかありません。つまり、あなたの書く商品説明によってお客さんはあなたの商品を買うかどうか判断しているのです。ですから、もしそこでぐっと引き込まれるような商品説明が書かれていれば、あなたの商品はまるで年末のセール品のように売れて行きます。

買ったお客さんからありがたられ、良い評価が溜まりそれがまたお客さんを呼び、また購入される。そのような好循環を生み出せるのです。そのような商品説明を書くために必要なポイントがあります。商品説明を具体的に書くこと以外に必要なポイントです。

それは、“お客さんのメリットを書く”ということです。

例えば冬にセーターを売るならば、「インナー1枚とこのセーターだけで外に出れるくらい暖かい」「このセーターは○○製で200gと軽く着ている心地がしないけど暖かい」などこの商品を買うことによるお客さんが特になることを
あらかじめ想像で提示してあげるのです。

ユニクロのウルトラライトダウンという商品もこの方法を使っていて、どこでも連れて行ける(小さく収納できる)軽い+暖かい撥水機能(雨が降っても大丈夫)など購入者に様々なメリットを提示しています。

こうすることにより、お客さんが購入後の自分を想像し、購入意欲が駆り立てられるというわけなのです。説明文に3~4文ほど加えるだけなので、ぜひ実践してみてください!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。