ハロウィーンネイルもセルフで楽しみたい!仮装に合わせたかわいいネイルデザイン

1

読了目安[ 3 分 ]

10月の一大イベントといえばハロウィーン。日本では、大人も子どもも仮装やコスプレを楽しむイベントとして定着しつつあります。

そんなイベント時期には、ぴったりのネイルで爪をかわいく飾って、パーティ気分を盛り上げたいですよね。でも、ネイルサロンに行くとお金もかかるし、時間もない……そんな方のために、ハロウィーンパーティでの仮装にぴったりのかわいいセルフネイルのやりかたを紹介します。

1.ジャック・オ・ランタンのかぼちゃネイル
いちばんかんたんなのはかぼちゃネイルかもしれません!

クリアなベースコートを塗る
つま先側にオレンジ色のネイルで半円を描く
オレンジ色が乾いたら、細い筆やつまようじをつかってジャック・オ・ランタンの顔を描く
茶色のネイルでヘタをつけるのも忘れずに!
ほかの指は、オレンジ色×黒のドット柄にしたり、ゴールドのラメなどで塗り分けるとアクセントになってキュートですよ!

2.ネイルシールを活用する
おばけや魔女のモチーフ、細かな文字などは、セルフネイルだと難しいもの。そんなときは、ネイルシールを活用してみましょう。
なんと最近では、ダイソーやセリア、キャンドゥなどの大手100円均一で、かわいいハロウィーンモチーフのネイルシールがたくさん用意されています。安いのに出来栄えは本格的に見えるので、毎年大人気。早めに買わないと在庫切れになってしまうかも。見つけたら、即ゲットがベストです。
ネイルシールは、モチーフをポイントとしてひとつ貼り付けるのもよいですし、フレンチネイルをした爪先にぎゅっと重ねて貼るのもカワイイ。ご自身のセンスで工夫してみてください。

3.ベースの色でハロウィーン気分を盛り上げる
ハロウィーンネイルのポイントになるのはネイルのカラー。ジャック・オ・ランタンの濃いオレンジ色、ゴーストや闇夜を連想する白や黒、魔女のイメージがある真紅や濃いパープル、緑色など。アクセントとしてゴールドやホログラムのラメなどもあると引き立ちます。

普段はあまり使わない色ばかりという方は、安くて質のいい100円均一のネイルカラーを活用しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。