株を買う前に知っておきたい税金とNISAの話

読了目安[ 2 分 ]

株主優待のような長期的に株を保有する人に取って有利なNISAという制度をご存知でしょうか。NISAとは通常ならば約20%税金がかかる株式や投資信託などの譲渡益(運用益)や配当が毎年100万円を上限に、最長5年間は非課税になる制度です。

つまり上手く使うことが出来れば、株主優待を受け取るだけでなく、買った株の価値が上がったから売ろうと思ったときでも税金としてお金を取られることなく、自分の手元にお金を残すことができます。今回はこのNISAの制度について少しお話をしていきたいと思います。

NISAの特徴

まず本来株にどれくらいの税金がかかるのでしょうか。株の税金には大きくわけて2種類あります。1つは譲渡所得課税という自分が株を売ったときに、株の売却代金から購入価格や手数料などを引いた売却益にかかる税金があります。

そしてもう1つは配当課税という年に一度、株を持っている人に配られる配当金に対してかかる税金のことです。どちらの税金にも20%の課税がなされているので、あなたがもし株を売って儲けようと思っても実際の利益の80%程度しか受け取ることが出来ないため、思っているほどの利益が望めないというような状況になってしまうのです。

そこで毎年100万円までの非課税投資枠が設定されており、株式投資や投資信託にかかる売却益や配当金に対してかかる税金が0になる制度があるのです。これをNISAと言い、長期的に株を保有することになる株主優待を目的とした投資に加え、たまに売却益でお金を稼ごうと考える投資家にとって大きなメリットになります。

少し例をあげて考えてみましょう。株主優待目的でA社の株を100株10万円で購入したとします。そして5年以内にこの100株の価値が20万円まで上がり、売却したとすると、通常だったら売却益の10万円に20%、つまり2万円税金がかかるのですが、もしNISAの制度を利用すればこの税金が0になるというわけなのです。

少しややこしかったかもしれませんが、NISAの制度を使うことで大きくメリットになるので、ぜひ活用しましょう。次回ではもっと具体的にNISAのことについて説明して行くので、見逃さないようにしてください!

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。