勉学の秋!どの資格が転職に有利?費用対効果の良い資格!

読了目安[ 2 分 ]

「●●の秋」はいろいろありますが、「勉学の秋」もその一つ。
年末のボーナス支給後や4月の年度はじめを狙って転職を考えている方の中には、資格を取得することで条件をアップさせたいと考えている方も多いでしょう。

今回は、転職に役立つ費用対効果の高い資格を紹介します。

資格手当がもらえて高収入も狙える宅建

宅建(宅地建物取引主任者資格試験)は、持っていると資格手当がつく企業も多いので、人気の資格です。
中には、数万円の資格手当が出ることもあるそう。不動産業界のほか、金融業界、建設業界などで活かせ、高収入が狙えます。
業界未経験でも参考書での勉強が可能。独学なら、取得までの費用も書籍代と受験料合わせても 1万5000円以下と安く済みます。転職のほか、再就職を狙う主婦にも人気の資格です。

ただ業界未経験者の場合、試験に合格した後、登録実務講習を受ける必要があります。また宅地建物取引主任者になるには、登録申請と取引主任者証の交付を受けないといけません。

自分の人生やお金もコントロール!ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(以下FP)は、資格試験の通信講座でも、常に人気上位に入っている資格です。テキスト代や資格受講代など、1,200円〜10,000円ほどの出費で取得できます。

金融機関や保険業への転職に役立つ資格ですが、取得しておくともうひとついいことがあります。

それは、自分の人生の節目で必要になるお金をコントロールする力がつくといういうこと。たとえば、マンションの購入などでローンを組むときや、保険の契約をするときなど。マネーの知識があるのとないのでは、大違いです。ライフプランの中でどれくらいのお金がかかるのか把握しておくことで、お得な人生を歩めること間違いなしです。

大型自動車1種免許+フォークリフト+けん引免許

取得にかかる費用は高めですが、自動車系の資格は年齢に関係なく就職ができます。実務経験や職歴も重視されないので、就職するにはコスパの高い資格といえます。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。