今年も「東京国際映画祭」へ!1人2,000円で映画&ライブ&一流の食事を楽しむ

1

読了目安[ 4 分 ]

10月22日(木)に開催が迫った「第28回 東京国際映画祭」。31日(土)までの10日間、今年は六本木ヒルズだけでなく、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿と新宿地区まで範囲を広げて開催されます。

この映画祭は、日本の“今”を伝える日本映画はもちろん、ふだんはなかなか観ることができない世界各国の注目作品を多数上映し、たくさんの人が映画に興味を持つことを目指しています。

しかし、お祭りは映画だけにとどまりません。映画祭を盛り上げるためのイベントも盛りだくさん! 特に、六本木ヒルズ アリーナで行われる食の祭典やフリーライブは、目玉イベントと言えます。

そこで今回は、これらのスポットを巡り、1人2,000円で楽しめるデートプランを考えてみました。

■東京国際映画祭ホームページ
https://2015.tiff-jp.net /
※映画作品のチケットは10月10日から発売

1.1,000円〜1,300円で公開前の注目映画などを観る

まずは本題の「映画」をチェックしてみましょう。チケットは1本1,000円〜、部門ごとに料金が異なります。
オススメは、1,300円で観られる「コンペティション作品」。竹内結子主演のリアルミステリー「残穢【ざんえ】—住んではいけない部屋—」、オダギリジョーが画家・藤田嗣治の半生を演じた日仏合作「FOUJITA」はどちらも公開前の作品で、一足早く、しかもリーズナブルに観劇できるチャンスです。
また、1000円で観られる作品として、今後が楽しみなPPF(ぴあフィルムフェスティバル)グランプリ受賞作をチェックするのもいいですし、寺山修司生誕80年記念作品や高倉健追悼作品など、古き良き日本映画をじっくり楽しむのもいいですね。

他にもあります。ホラー映画が好きな方は、オールナイト上映「日本のいちばん怖い夜」をチェック! Jホラーブーム先駆者の中田秀夫監督・島崎遥香主演による「劇場霊」など、Jホラーの名作4本を3,996円で観ることができます。1本に換算すると1,000円以下ですから、とてもオトクです。

2.1,000円以下でトップシェフの特別メニューを食す

10月23日(金)〜31日(土)までは、六本木ヒルズ アリーナで「東京映画食堂」が催されます。
今年参加するのは、NHK「あさイチ」にも出演中の「一凛」橋本幹造シェフ、予約の取りづらい人気店で知られる「鮨よしたけ」吉武正博シェフたち。メニューは順次発表されますが、昨年のメニューによると一皿500円〜1000円といったところ。本来の1/2〜1/3ほどの料金で一流の料理が楽しめるこの機会、逃す手はありません!

11:00〜20:30までの開催(最終日のみ15:00〜19:00)ですが、メニューは売り切れ次第終了なので、お目立てのメニューがある場合は早めの来店をオススメします。

クリス・ハート、溝口肇、石井竜也らのフリーライブを聴く

さらに、10月26日(月)〜30日(金)までは、「CINEMA MUSIC JAM」と題して、映画を愛するミュージシャンが六本木ヒルズ アリーナに集結し、映画音楽を奏でます。

レギュラーアーティストは、日本唯一のボーカル&フリューゲルホーンプレイヤーのTOKU、「世界の車窓から」のテーマ曲でも知られるチェリストの溝口肇、そしてフィギュアスケートの羽生結弦選手が演技で曲を使用したことで知られる歌手のサラ・オレイン。

スペシャルゲストアーティストは、クリス・ハート(26日)、八代亜紀(27日)、平原綾香(28日)、純名里沙(29日)、石井竜也(30日)。
一流アーティストが奏でる六本木の夜は、“芸術の秋”にぴったりのシックな一夜になりそうです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。