もうバタバタしない?!秋の行楽でおトクに駐車場を利用する方法

3

読了目安[ 3 分 ]

シルバーウィークはすぎてしまいましたが、10月もまた連休があります。季節もよい時期ですし、紅葉狩りや季節の味覚狩り、温泉、バーベキューやキャンプなど、さまざまなアクティビティーの予定がある方も多いのでは。

しかし、どこかに出かけるときに悩ましいのが駐車場代。子ども連れだったり、荷物が多かったり、交通の便の悪いところだったりして、どうしてもクルマでの移動が必要なことってありますよね。観光地は、目が飛び出るような駐車場料金が設定されていることも。

今回は、秋の行楽で駐車場をおトクに利用する方法を紹介します。

1.ちょっと歩けば安い駐車場があるかも?
観光名所の目の前の駐車場は、その立地条件の良さから、強気な価格設定がなされがち。ちょっと面倒ですが、少し離れたところで駐車場は探してみましょう。意外にも、市町村の経営している無料、もしくは割安な駐車場が整備されていたり、コインパーキングでも時間あたり料金が安かったりするものです。面倒がらずに、ちょっと足を伸ばしてみましょう。

2.パークアンドライドをうまく利用する
京都や鎌倉のような古くからの観光地は、道が狭かったり観光客に十分対応できるほどの駐車場が整備されてなかったりと、クルマでの観光には不向き。
そうしたところにクルマでどうしてもいきたいのであれば、最寄りの駐車場にクルマを止めて、そこから公共交通機関を利用する「パークアンドライド」をうまく利用してみましょう。
駐車場代とセットになるおトクな切符が用意されていることも。出かける前に、ネット上でチェックしておきましょう。

3.JAFが会員向けに駐車スペース検索サービス
今年8月、JAF(日本自動車連盟)とベンチャー企業の軒先が、JAF会員向けに駐車場を探すのが難しい観光地などで簡単に検索できるサービスをスタートさせました。これは、観光地に近い個人宅や事業所の空いている駐車スペースを事前予約して貸し出すというもの。たしかに、事業所なら週末は駐車場が空いていることも多いでしょうから、その空きスペースを有効活用できたら一石二鳥ですよね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。