20歳前の傷病で障害を負っても障害年金はもらえる

読了目安[ 2 分 ]

「私の障害は、幼いころの傷病が原因なので」との理由で障害年金の対象とならないと思い込んでいませんか?
20歳前の傷病が原因で一定の障害になった場合でも、20歳になってから申請をすると国民年金から障害基礎年金が支給されるのです。

20歳前障害基礎年金とは

「20歳前障害基礎年金」とは、生まれつき障害を持っている方や、20歳前に障害が残ってしまった方、また20歳前の傷病が原因で20歳を過ぎた後に障害になった方を対象とした年金です。また、20歳前という国民年金に加入義務のない年齢なので、一般の障害基礎年金のように保険料納付要件は問われません。「20歳になってから保険料を納めていなかったから障害年金はもらえない」とあきらめている人がいるかもしれませんが、そんな心配は20歳前の障害年金に関しては不要です。ただし、国民年金の保険料を納めていないのに年金をもらえるため、本人に一定以上の収入があると年金がストップされてしまいます。

20歳前に病院で初めて診察を受けた日を「初診日」と言い、初診日から1年6ヶ月経過した日を「障害認定日」と言いますが、初診日の年齢によってこの障害認定日は異なります。

例:
生まれつき障害のある方・・・・満20歳になった日が、障害認定日
5歳の時に初診日がある方・・満20歳になった日が障害認定日
19歳と2ヶ月に初診日がある方・・・(1年6ヶ月を経過した)20歳と8ヶ月の日が障害認定日

障害認定日に障害の程度が1級または2級に該当した場合に障害年金がもらえます。

20歳前の傷病による障害年金では、年数が経過してしまうため、生まれつきの障害でない場合は、小さい頃の初診日の証明ができないケースが多くあります。その場合は、平成24年4月から2名以上の者(3親等以内の親族を除く)の証明があればいいことになりました。当時の学校の先生や通院していた病院の看護師さん、あるいは知り合いの人(近所の人やお母さんの友達等)で病気のことや通院の事実を知っている方を探して、証明書を書いてもらえばOKです。

すでに20歳を超えていても小さい時の傷病で障害が残ってしまった場合は、今からでも遅くありませんので、申請をすることをお勧めします。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。