困った時にはこうする!

2

読了目安[ 3 分 ]

『ぶっちぎり社員育成塾』第21話。

困ることってありますよね?

無い方がおかしいかも。無いってことは、楽しいことも含めてなかったりするし。

だから、困ることは良い事です。動きがあるし、何かにぶち当たってる証拠。

その時に、どう考えるか?ってことです。困った事が起きると、「困ったな~」って言葉が頭に浮かぶ。

でも、それってダメです。うまく行かない。脳は、適切な質問をすれば、ちゃんと返してくれる機能を備えてます。これ大事です。

そういう面から考えると、「困ったな~」には、回答が出来ないってことがわかる。だからダメなんですね。答えが出ないから。

「ダメだ~」
「へこむわ~」
「どうせ・・・・・」
とかも、ダメな代表選手です。答が出来ないですからね・・・・。

困った時に、それをクリアにする方法は、何かしらの行動のアイディアを生み出すことです。行動しないと変わらないので。

なので、「どうすれば良いんだろう?」とか「成功する為の行動は?」が良い感じの質問です。ゴールを意識して、「ここに着くまでの道は?」って質問も高度かも知れません。

例えば、明日までに大事な仕事が2つあるとする。でも、時間は1つの仕事分しかない。

その時どうしますか?

「うわ~、終わらないよ~」って思うか「どうやって2つ片付けようか?」って考えるかでは、アイディアが出る確率が違います。

・誰かに任せることを思いつくかも知れない
・スピードUPの方法を見つけるかも知れない
・重要なところをやって、細かいところは明日なんとかするのかも知れない(笑)

いずれにしても、「うわ~」じゃ、何も思いつきません。『ぶっちぎり社員』になるには、答をうまない質問を自分にしてちゃダメなんですね。ぶっちぎるのは、常にどうにか突破できる質問を自分にして、それを行動することが大事です。

困った時こそ、「どうすれば出来る?」を考えましょう。そして、それを行動に移しましょう。次に「困った!」と思った瞬間にやってみてくださいね。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。