あなたは自分の商品が値下げ交渉されたときにきちんと対応できますか?

読了目安[ 3 分 ]

今回はネットで物を売るときに必ず起こる“値下げ交渉”に対しての対応についてお話していきます。

メルカリなどで商品を3つ以上でも売れば、購入前に「この商品○○円にしてもらえませんか?」などといったように値下げ交渉をしてくるような人がいます。値下げ交渉自体はルール上でも認められており、よく見かけるのですが、自分が売り出している商品を「そこまで値下げはしたくないな」と感じる瞬間があるものです。そこで今回は相手に自分の要求を上手く呑ませる極意についてお話していきたいと思います。

・明らかに非常識な値段を提示されたとき
ネットで販売していた経験上、少なからずこのような人がいます。例えばadidasパーカーなど人気商品であり、中古でも十分価値があるため5000円で出品していたとします。そして、その商品についてコメントが来たのですが、その内容は「2500円まで値下げしてください!即決します!」というような内容でした。このような非常識なコメントには無視することがベターです。

「返事を返したほうがいいだろう」と良心を持ってしまい、そこまでの値下げ不可という内容のことを伝えても非常識者は聞く耳を持ちません。今度は「3000円ならいいですか?」などと聞いてくるのがオチでしょう。このような非常識者には初めから相手にせずスルーしましょう。

・値下げ幅を小さくしたいとき
例えば3000円の商品を2300円で買うと言われたときには「2500円までなら値下げを考えるけど」というような時があります。このようなときにはハッキリ相手に「2500円までなら値下げを考えますがいかがですか?」と自分の希望を通しましょう。このように自分の下限ラインを決めておくと、今の交渉相手以外にもあなたの商品が2500円なら欲しいと思う人が現れることもあるのです。

いかがだったでしょうか。取引を全て自分の思うように進めることはなかなかできませんが、自分も譲歩する姿を見せることで自分の要求を上手く相手に呑ませる技術を身につけましょう。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。