現金主義?日常の買い物もカードを上手に使って、老後の貯蓄に備えよう!

読了目安[ 2 分 ]

「節約生活にはクレジットカードの利用は禁物」。

こんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。たしかに、クレジットカードは支払いが後回しにできる上、リボ払いや分割払いなどもありお金を使っている感覚が薄いので、大金を使ってもあまり実感がわかず、使いすぎに陥ってしまいやすいという欠点があります。

一方で、クレジットカードを上手に使えば、ポイントがたまってお得になる一面も。今回は、節約生活で上手に利用したいクレジットカードの使い方について紹介します。

ポイント還元で得をしよう

クレジットカードを利用するとついてくるポイント。なんとなく貯めたまま使うことがなく、そのまま有効期限を迎えているということはありませんか。

例えば、ガソリン代や公共料金、ケータイ代などで月25万円分の支払いを現金で行っている人が、還元率1.0%のカードでの決済に切り替えた場合、なんと年間で3万円ものポイント還元が受けられるのです。
3万円あれば、ちょっとしたお出かけにも行けますし、食費や子どもの習い事、幼稚園などの学費にも充てられる金額です。節約生活の中では大きなものになるでしょう。

クレジットカードをうまく使うコツは、クレジットカードを無理やり使うのではなく、日常の支払いのうち、カード払いに切り替えられるものから切り替えていくこと。
上記で挙げたガソリン代や公共料金、ケータイ代などがその代表的なものです。カードの中には、公共料金の支払いにカードを使った場合、ポイント還元率がアップするものもあります。

クレジットカード専用口座を作ろう

よくありがちな失敗として、カードを使いすぎて支出が把握できないというものがあります。こうした失敗を防ぐために、カード引き落とし専用の口座を作ります。カード決済した代金分をそのまますぐに、メイン口座から引き落とし専用の銀行口座に振り替えてしまえば、メイン口座の残高が把握できるので、生活費を管理できなくなるということはありません。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。