引越し時の文房具の小物類を素早く梱包方法するコツや整理方法

6

読了目安[ 3 分 ]

引っ越しでアレが見つからない!

ただでさえ慌ただしい引っ越し作業のとき、ほしいものがすぐに見つからないと本当にイライラしますよね。

とくに、細かい文具や小物類など、どこかにまぎれてしまって、必要なときに探し出せず仕方なく新しいものを買ってしまい、あとで見つかった……
なんてなったら、ほんとうに無駄な出費です。

今回は、引っ越し作業のときに困らない、文房具などの小物類を素早く梱包方法するコツや整理方法についてお伝えします。

引っ越し作業のときに困らない、文房具などの小物類を素早く梱包方法する3つのコツや整理方法

1.開封作業があることを忘れずに!

引っ越しで実はやっかいなのは、梱包作業よりも開封作業だったりします。
ただ箱にモノをつめればいいのではなく、あとで開封し、元通りでセットする作業があるということを忘れてはいけません。
そのため、後々の混乱を招かないような荷物の詰め方をする必要があります。
その一例として、種類ごとにきちんと分類して詰めるということがあります。

2.小物類はまとめておく

文房具などの小物類は、意外とやっかいな荷物です。
こういうものは、直接段ボールに詰め込むのではなく、ビニール袋などにいれてひとまとめにしておきます。
ゴミ袋だと大きすぎるので、スーパーのレジ袋くらいがよいでしょう。
荷造りをしようとしてクローゼットやチェストの引き出しを開けたら、文房具などの小物類がごちゃごちゃになっていた!
そんなときはムリに整理しようとせず、ごちゃごちゃのままビニールにひとまとめ
そして段ボールに突っ込んでしまいましょう。引っ越し先でまたクローゼットやチェストの引き出しに戻すだけなので簡単です。

引っ越しのとき、ついつい不用品の処分もしたくなりますが、それは時間のあるときに改めてやりましょう。
さもないと、収拾がつかなくなります。

3.すぐ使うものは別にしておく

新居ですぐに必要になる文房具や小物類、カーテンや洗面用具、お風呂用品、すぐに着る洋服などは、段ボールには入れずにスーツケースに入れて別に運びましょう
そうしておけば、段ボールを開ける手間がいらずにすぐに取り出せるので便利です。

楽天で引っ越しグッズを見てみる

Amazonで引っ越しグッズを見てみる



同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。