〜軽減税率制度って?〜【第15回】高橋先生の教えて経済ニュース

4

読了目安[ 2 分 ]

〜軽減税率制度って?〜

軽減税率とは消費税の増税に併せて、一部の生活必需品の
税金を引き下げるというモノです。

やはり増税によって低所得者層への負担が大きくなるため
それを軽減するための施策となります。
しかし、導入するにあたって消費税の仕組みが複雑化したり
企業側の導入コストが大きいことが問題としてあげられています。

企業側の負担が大きいために不満の声も多く出ており、それを
受けて財務省が日本型軽減税率制度案を作成しました。
これは、実質的には軽減税率ではなく
消費税を還付しようという仕組みです。

還付の対象となるのは、酒類を除く飲料や食料品で、
年間で¥4,000の還付が予定されています。
1人当たり20万円分の買い物に対して¥4,000が還付されるということです。

還付の方法としてはマイナンバーカードを使用し、
買い物時にカードを提示し、ポイントを貯めていきます。
そのポイントをインターネットを通じてキャッシュバックの申請を行うという流れになります。

動画はこちら

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。