大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第二十回「社長が空回りしてるんですけど!」

1

読了目安[ 3 分 ]

『ぶっちぎり社員育成塾』第20話。

「社長が空回りしてるんですけど!」ってことはありませんか?

ありますよね。たぶん。95%以上の会社がそうなんじゃないかっていうぐらい・・・・。

起業家の人は、何かしらの情熱があります。全ての金銭的なリスクを負ってまで、何かをやろうとしてるんだから。

それが金儲けなのか、誰かを助ける為なのか、良い商品を広めたいのか、はわかりませんが。でも、何かしらの強い情熱を持ってる可能性が高いです。

一般的に言うと、起業してない人は、そこまでの何かがない可能性が高い。あって、組織を選んでる人もいるけど、「社長が空回りしてる!」って感じる多くの場合は、そうじゃない可能性があります。

別の表現にしてみますね。

  • 経営者がAの方向に行こうと強く思ってる
  • 従業員はAの方向に行こうと強く思ってない

こういう図式です。だから、空回りしてるように見える。

この時、従業員側はどうすれば良いのか?

これも選択肢があります。

  1. Aの方向に、今のまま弱く進む
  2. Aの方向に、経営者と同じ気持ちで行く努力をする
  3. Bの方向に、経営者より強い情熱で進む

1.は、何も変わりませんね。
2.は、重宝されて、評価されるはずです。
経営者の意向を読んで、そこに気持ちを合わせるってのは、かなりのスキルが必要だから。自己の成長のために、それを選択しても良いかも知れません。

経営者に合わせて評価されるのではなく、相手の意向を読んで、気持ちを合わせるというスキルを身に付ける為って意味で。

3.は、結構リスクがあります。
反発が強い可能性が高い。これをやるなら、やり抜いて成果を出さないといけません。

ぶっちぎり社員になるには、最終的にはここを目指して欲しいところです。リスクがあるから、新入社員の時にやるのはオススメしません。が、経営者の言うままや、上司が言うままだと、自分を鍛えることが出来ません。

話の持って行き方とか、身に付けるべきことはあります。それが出来ないと、敵を作るだけだったりもするので・・・・。

でも、他人の評価ばっかり気にしてたって、ぶっちぎり社員にはなれないんですね。ぶっちぎり社員になる為には、どこか部分的にでも経営者より強い気持ちを持って進む必要があります。

今日は、強い情熱があるとしたら何だろう?をちょっと考えてみてください。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。