登山を始めてみよう 雪山編

4

読了目安[ 6 分 ]

早いもので各地の山々から初冠雪の知らせが届く季節になりました。
雪が降ったら登山シーズンはおしまい? いえいえ、雪山にだって登山はできます。

普段の登山コースの所要時間より少し時間はかかりますが、ちょっとした技術とコツを習得すればスイスイっと登れるようになります。
人が少なくなった雪山を歩くのはとても気分がいいものです。
そんなわけでちょっと気が早いけれど、今回は「雪山登山」の装備のお話しをしたいと思います。

●アイゼン・クランポン
登山靴にバンドなどで装着する鉄の爪がついた雪山登山必須アイテムで、「クランポン」などとも呼ばれています。
雪面に尖った爪をひっかけて滑りにくくなる反面、使い慣れていないとズボンの裾に爪をひっかけやすいので注意が必要です。フカフカの雪の上を歩くときもワカン(かんじき)のような役割を果たし、格段に歩きやすくなるので、雪が降ったら必ず持参しましょう。
一般的に8~12本の爪のものをアイゼン、4~6本のものを軽アイゼンと呼びます。
また短時間で簡単に装着できる短い爪が連なった「チェーンスパイク」などがあります。
雪道の長さや雪の深さ、ほかのギアの有無、雪山登山経験の度合いなどで、チェーンスパイクか軽アイゼンかアイゼンかを使い分けます。
各地の登山情報ニュース等で「軽アイゼン程度でOK」「アイゼン必須」などというアナウンスをよく耳にしますので、荷造りの参考にしましょう。
私自身は10本爪のアイゼン一足と、凍った木道用に「リバーシブルグリッパー」というギアを持っていますが、リバーシブルグリッパーの方はまだ使うチャンスに恵まれていません。
早く使いたいなあ…

●ピッケル


小さなツルハシのような形をした雪山用のギアで、滑りやすい雪面をホールドして滑落を防ぐ用途があり、杖としての役割も果たします。
ただしガチガチのアイスバーンでなければある程度はストックで代用可能です。

●ストック
ピッケルが無い場合はストックで代用します。夏秋登山で使用するときはゴムの石づきカバーをつけますが、雪上では外しましょう。
雪面に深く刺さって抜き取りにくくなるのを防ぐため、先端近くにスノーバスケットを装着します。
このスノーバスケット、通常登山では使わないので、私はけっこう忘れてしまいがちです…
出発前には必ず持ち物チェックをして、なるべく忘れ物を未然に防ぎましょう(涙)!

●ゲイター
靴の上からゲイターを装着すれば、靴とズボンのあいだから雪が入って靴の中が濡れるのを防げます。
足首がキンキンに冷えて不快になることもありません。
雨の日の登山だけでなく雪山にもゲイターは忘れずに!

●サングラス
スキー・スノボなどでも裸眼で滑って翌日目に激痛が…なんて経験がある人も多いと思います。
雪焼け防止のためにも必ずサングラスはかけましょう。
と言いつつサングラスを持っていない私はいつもPCメガネで代用しています。かけないよりはマシ、ぐらいのレベルで正直目は痛いのですがご参考まで…

●防水手ぶくろ、ニット帽、バラクラバ
防水手ぶくろは防寒用としても使えるので、必ず持参しましょう。ニット帽は耳が隠れるものがよいでしょう。
バラクラバは薄手の目出し帽のような形状で、頭の部分をかぶらなければネックゲイターとしても併用できるので便利です。

●ビーコン・プローブ・ショベルのアバランチギア
正規のゲレンデ外を滑る、いわゆるバックカントリースキーなどをする人は持っていた方がいい3点セット「ビーコン」「プローブ」「ショベル」。これらは「アバランチ(雪崩の意味)ギア」と呼ばれています。

ビーコンは電波を発信したり受信したりできる機器で、雪崩に遭遇した際に使います。
非常に高価なものなのですが、命を守ってくれると思えば安いものです。
プローブはゾンデ棒ともいい、雪に埋没した遭難者の場所を特定するための軽量な長い棒です。
ショベルは言わずと知れた雪かきスコップのことで、雪山でテント設営する際やラッセル(雪かき)する際に使います。

私自身バックカントリースキーをやらなのでアバランチギアを持っていませんが、万が一のことを考えると持っていた方が安心ですね。
また雪山登山ではラッセルが必要な場面も多々あるので、軽量なショベルの購入を現在検討しています。

●最初の雪山登山におすすめの山

◇雲取山…山頂近くの雲取山荘は通年営業。距離は長いものの、鴨沢口からの緩やかな登山道は雪山初心者向き。
◇日光白根山…私のアイゼンデビューはこの山でした。2000m地点までロープウェイでアクセスできるのがポイント。
◇黒斑山…浅間山外輪山。浅間山自体は火山活動が活発化しているものの、黒斑山までなら規制外。

●雪山登山に必要な初期費用
・アイゼン・クランポン10本爪…10,000~30,000円
・ピッケル…8,000~30,000円
・ゲイター…1,500~10,000円
・サングラス…3,000〜20,000円
・防水手ぶくろ…3,000~10,000円
・ニット帽…1,000~5,000円
・バラクラバ…1,000~5,000円

合計27,500~110,000円(交通費、燃料費等をのぞく)

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。