信用度がちがう!百貨店・デパートのカードで敬老の日のプレゼントをオトクに準備しよう

2

読了目安[ 3 分 ]

9月21日は敬老の日。今年はシルバーウィークの5連休のまっただなかということもあり、遠方の実家やおじいちゃん・おばあちゃん宅を訪ねる方も多いのでは。

敬老の日のプレゼントの相場は一般的に3000~5000円程度、おじいちゃん・おばあちゃんの両方に喜んでもらえるプレゼントとしては、お花や洋菓子・和菓子があります。となると、心強いのがデパートですよね。普段の買い物にはデパートを使わないという方も増えているかもしれませんが、おじいちゃん・おばあちゃん世代には、デパートの包み紙はまだまだ威力抜群。ここぞというときの贈り物は、あの包み紙が大切だったりするのです。

今回は「よい孫」を演出するための贈り物をデパートでオトクに購入する方法として、百貨店・デパートが運営しているポイントカード・クレジットカードについて紹介します。

1.年間の利用金額に応じてポイント還元率が変わる
百貨店・デパートが発行するクレジットカードやポイントカードは、年間の利用金額に応じてポイント還元率が変わってくるものがあります。
西武百貨店「クラブオンカード セゾン」、小田急百貨店「OPクレジット」、京王百貨店「京王パスポートカード」などは、還元率が10%。ただし、そのデパートでの年間の利用額が80~100万円以上とハードルは高く、かなりの「大得意様」にならなければいけません。
ただし、最低でもポイント還元率は2%が多いので、流通系のクレジットカードとしてはかなりよいほうではないでしょうか。
ただし、生鮮食料品売り場の利用額については、ポイント還元率が1%に減額されてしまうカードも多いので、注意が必要です。

2.年間の利用金額に応じて割引率が変わるカードも
三越「三越Mカード」伊勢丹「伊勢丹アイカード」ルミネ「ルミネカード」などは、カード会員ならお買い物時に割引を受けることが出来ます。割引率は5%から10%まで。こちらも、お得意様になればなるほど、割引率が大きくなる仕組みです。(ルミネカードは一律)

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。