〜インフレとデフレってなに?〜【第14回】高橋先生の教えて経済ニュース

読了目安[ 1 分 ]

インフレとデフレってなに?

インフレとはモノやサービスの値段が継続的に上がっていく状況です。
デフレとはインフレの逆で、値段が下がっていく状況をいいます。

一般的に、需要と供給のバランスが崩れて、需要不足により供給の方が大きくなると、モノが売れなくなります。
企業は値段を下げてでもモノを売ろうとしますが、それにより企業は儲からなくなる。
そうなると、給料が下がることになったり、ボーナスが減ったりなど個人にも影響が出ます。
それを受けて、多くの人がお金を使わなくなり、買い物をしなくなるなど更に悪い方へ悪い方へと向かっていくことになる。
これがデフレの状態です。

日本では15年以上デフレが続いてきましたが、アベノミクスによりインフレに持っていこうとする政策がとられているため状況は少し変わってきています。

動画はこちら

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。